インサイト

「流通ネットワーキング」誌、ニューロマーケティング特集に寄稿
ニュース

「流通ネットワーキング」誌、ニューロマーケティング特集に寄稿

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”http://www.nielsen.com/jp/ja/insights.html?pageNum=1″,”title”:”u30a4u30f3u30b5u30a4u30c8″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

3月5日発売の「流通ネットワーキング」(日本工業出版)2018年3・4月号に、ニールセン・ニューロのニューロサイエンティスト福島誠が寄稿しました。

タイトルは「コンシューマーニューロサイエンス: 消費者神経科学 〜神経科学による消費者心理の解明〜」。消費者神経科学を取り巻く背景とニールセンにおけるニューロ調査の事例、市場データと脳波計測データの相関を示す検証結果などを解説しています。

「流通ネットワーキング」 2018年3・4月号 の目次はこちら