プレスリリース

ニールセン、世界の社会意識の高い消費者の属性を特定

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

● 40 歳未満の消費者の半数は社会的責任を負う企業の製品やサービスに多めに支払ってもいいと 考えている 

(米国報道発表資料抄訳)

ニューヨーク発:世界の社会意識の高い消費者の 63%は 40 歳未満であり、購入の際 の決断にソーシャルメディアを活用し、環境、教育、飢えといった社会問題への関心が高いことが、消費者 の視聴行動と購買行動に関する情報と見識の提供において世界のリーダー的存在であるニールセンが行った 最新の調査結果で明らかになりました。

56 カ国で 28,000 人以上のインターネット回答者を対象に行った「企業市民活動に関するニールセンのグロ ーバル調査」では、世界の消費者の 46%が社会に還元するプログラムを実施している企業の製品やサービ スに多めに支払ってもいいと考えていることが分かりました。ニールセンはこのような消費者を社会的意識 の高い消費者と定義しています。

「企業の社会的責任への取り組みが、ある一定の消費者グループの共感を呼んでいることは明らかです。マ ーケターは、コーズマーケティングへの取り組みに対する社会的価値および事業的価値の還元を最大限にす るために、これらの消費者が誰なのかを理解しなければなりません。消費者を理解することで、自社のブラ ンドを適切なチャネルを通して、適切な社会問題に関心を寄せる適切な消費者が支持するソーシャルインパ クト活動に関わらせることができます」とニールセンの企業社会責任グローバルプログラムであるニールセ ンケアのバイス・プレジデント、ニック・コービーは述べています。

世界の社会的意識の高い消費者-年齢別
ニールセンの調査では、全体的に若年の消費者の方が社会的責任を負う企業の製品やサービスに多めに支払 ってもいいと考えていることが分かっています。15 歳から 39 歳までの全回答者の 51%が、40 歳以上の回 答者の 37%と比較して、そのような製品やサービスに多めに支払ってもいいと答えています。特に社会的意識の高い消費者だけに絞ると、その 63%が 40 歳未満であることがニールセンの調査結果で分かっていま す。

世界の社会的意識の高い消費者-地域別
アジア太平洋 (55%)、中東およびアフリカ (53%) そしてラテンアメリカ (49%)の消費者は、北米(35%)およ びヨーロッパ(32%)の消費者に対して、社会的責任を負う企業の製品やサービスに多めに支払ってもいいと 考える傾向が高くなっています。ニールセンの調査によれば、社会的意識の高い消費者が最も集中している のはフィリピンで、回答者の 68%が製品に多めに支払ってもいいと答えています。一方、社会的意識の高 い消費者の割合が最も低くなっているのはオランダで、回答者の 21%が多めに支払ってもいいと答えてい ます。1

世界の社会的意識の高い消費者に一番大切な課題
18 の課題を検討した結果、ニールセンは、社会的意識の高い回答者が、環境維持(66%)、 科学、テクノロ ジー、エンジニアリングおよび数学教育の向上(56%)、そして極度の貧困および飢えの撲滅(53%) の順に企 業実行プログラムの優先順位を付けていることが分かりました。

「社会的意識の高い消費者にとってどの課題が最も重要であるかを知ることは、ブランドが社会的投資の優 先順位を決める際に役立ちます。次のステップは、ブランドの個々の消費者にとってどの課題が重要である かを正確に見極めることです」とコービーは述べています。

世界の社会的意識の高い消費者に接触
ニールセンの調査によると、ブランドおよび宣伝に関して、世界の社会的意識の高い消費者は知り合いの勧 め(95%)を最も信頼し、他の消費者がオンラインに掲載した意見や情報(76%)を探し求めることが分かってい ます。社会的意識の高い消費者は、他の調査回答者以上にソーシャルメディアを使って購入の決定をする傾 向にあります (社会的意識の高い消費者の 59% 対 全回答者の 46%)。

「コーズマーケティングへの取り組みが売り上げに影響を及ぼすためには、まず消費者に企業の取り組みに 気づいてもらわなければなりません。ニールセンの情報は、ソーシャルメディアが効果的なコーズマーケテ ィングに欠かせない道具であることを示しています」とコービーは述べています。

1 回答はオンライン消費者の態度および意見に基づいており、文化的偏見は含まれていません。

ニールセン グローバル調査について 
「企業市民活動に関するニールセングローバル調査」は 2011 年 8 月 31 日から 9 月 16 日にかけて実施され、 アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東/アフリカ地域、北米で 56 カ国 28,000 人以上の消費者 を対象に調査を行いました。サンプル数はインターネットユーザーをベースに、各地域の年齢や性別によっ て割り当てられ、インターネットを利用する消費者を代表するように割り付けられています。

ニールセンについて
ニールセン(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査企業で、マーケティング及び消費者情報、テレビなどのメ ディア視聴率、オンラインおよびモバイルのインターネット視聴率を提供しています。また、トレードショ ーも開催しており、各分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディ ーメンに本社があり、世界 100 カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ (www.nielsen.com)をご覧ください。 

お問い合わせ先
コミュニケーションズ
E メール:JPNwebmaster@nielsen.com