プレスリリース

ニールセン、米国のメディア視聴状況をまとめた『トータル・オーディエンス・ レポート 2015年 第2四半期版』を発表

{“order”:6,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

図表入りのプレスリリースはこちら
関連資料: 『トータル・オーディエンス・ レポート 2015年 第2四半期版』についてのレポートはこちら

  • テレビ接続デバイスは夜間に視聴者数シェアが伸長
  • PC利用の中心は9時から16時、利用者数は各時間帯とも約1,100万人
  • スマートフォン、タブレットの利用者は時間帯によらず一定。メディア利用者の6人にほぼ1人

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、米国のテレビ、PC、モバイルなどのすべてのメディアの視聴状況をまとめた『トータル・オーディエンス・レポート2015年第2四半期版』を発表しました。

どのようなメディアも、コンテンツや広告の配信で視聴者に価値をもたらす点では変わりませんが、視聴者の行動は時間帯によって大きく変わります。テレビやラジオが今でも大きな影響力を持つこと、そしてデジタルメディアの台頭については常々お伝えしてまいりました。今回はさらに、ラジオとPCが日中の主な視聴媒体となっているのに対し、夜間はテレビやテレビ接続デバイスの利用が増えること、そしてモバイル利用者数は1日を通してほぼ一定であることが明らかになっています。

『トータル・オーディエンス・レポート2015年第2四半期版』の調査結果は、このような視聴者行動に合わせて番組を編成し、広告戦略を練る、ヒントとなるかもしれません。

ニールセン株式会社について
ニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。

ニールセン・カンパニー合同会社について
ニールセンの消費者購買行動分析部門。消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。

ニールセンについて
ニールセン ホールディングス Plc.(NYSE: NLSN) は、世界的な調査会社として消費者の視聴行動、購買行動の分析を行っています。視聴行動分析部門は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。購買行動分析部門は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。

詳細はウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

お問い合わせ
中川奈津子、コミュニケーションズ 
Tel:      +81 3 6837 6549
Email:  JPNwebmaster@nielsen.com