本コンテンツへスキップ

ゲージ

テレビの状況を正確にナビゲートニールセンのTheGaugeTMは、選択肢が増え、新しいコンテンツがスクリーンに登場する中で、米国の視聴者が毎月どのようにテレビ視聴に時間を費やしているかを示しています。

月間スナップショット

1月のアメリカ人のテレビ視聴

1月の注目テレビ視聴インサイトを探る

2024年1月

総日数|2人以上

著作権 © 2024 The Nielsen Company (US), LLC.All Rights Reserved.

テレビのトレンドを追う

アメリカ人のテレビ視聴習慣が1年を通してどのように変化するかを知る

一目でわかる視聴傾向

著作権 © 2024 The Nielsen Company (US), LLC.All Rights Reserved.

方法論/FAQ

すべての疑問にお答えします:ゲージFAQ

The Gaugeはどのように作られるのですか?

The Gaugeのデータは、別々に重み付けされた2つのパネルから得られ、グラフィックを作成するために結合されます。Nielsenのストリーミングデータは、National TVパネル内のStreaming Meter対応TV世帯のサブセットから得たものです。リニアTVソース(放送とケーブル)および総使用量は、NielsenのTVパネル全体からの視聴に基づいています。

すべてのデータは、各視聴ソースに対応する期間ベースのデータです。放送月を表すデータは、報告間隔のLive+7視聴に基づいています(注:Live+7には、テレビのライブ視聴に加えて、リニアコンテンツの7日後までの視聴が含まれます)。

その他」には何が含まれるのか?

ザ・ゲージの「その他」には、放送、ケーブル、ストリーミングのカテゴリーに分類されないすべてのテレビ利用が含まれる。これには主に、その他のチューニング(未測定ソース)、未測定のビデオ・オン・デマンド(VOD)、オーディオストリーミング、ゲーム、その他のデバイス(DVD再生)の利用が含まれる。

2023年5月のインターバルから、ニールセンはストリーミング・コンテンツ視聴率を利用し、同サービスで報告されているプラットフォームが配信するオリジナルコンテンツを特定し、ケーブルのセットトップボックス経由で視聴されたコンテンツを再分類し始めた。この視聴は、ストリーミングとそれを配信したストリーミング・プラットフォームにクレジットされる。また、これまで反映されていたその他のカテゴリーからも削除される。ストリーミング・コンテンツ・レーティングの中でオリジナルと特定されていないコンテンツで、ケーブルセットトップボックスを通じて視聴されたものは、引き続きその他に含まれる。

その他のストリーミング」には何が含まれますか?

"その他のストリーミング "として記載されているストリーミングプラットフォームには、個別に区分されていないテレビでの高帯域幅のビデオストリーミングが含まれます。ライブ放送やケーブル(リニア)番組の配信を目的としたアプリ(Sling TVやCharter/SpectrumなどのVMVPDまたはMVPDアプリ)は、"その他のストリーミング "から除外されています。

リニアストリーミングはどこに貢献するのか?

リニアストリーミング(vMVPD/MVPDアプリへの視聴の集計によって定義される)は、これらのアプリを通じて視聴される放送およびケーブルコンテンツがそれぞれのカテゴリにクレジットされるため、ストリーミングカテゴリから除外される。 この方法論的な変更は、2023年2月のインターバルから実施された。

ニールセンについて HuluやYouTubeでのライブストリーミングは?

vMVPD アプリによるリニアストリーミング(例:Hulu Live、YouTube TV)は、ストリーミングカテゴリーから除外しています。ストリーミングカテゴリ内の「Hulu SVOD」「YouTube Main」は、リニアストリーミングを含まないプラットフォームの利用状況を示しています。

関連製品

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします

ストリーミングプラットフォーム視聴率:但し、日本では未提供

インサイト ニールセンのリニアTV測定用パネルを使用して、視聴者がストリーミングビデオコンテンツの視聴に費やす時間や、どのプラットフォームで視聴しているかを知ることができます。

ストリームングコンテンツ視聴率:但し、日本では未提供

ストリーミング視聴者の視聴習慣を把握することで、消費者がどこで視聴しているかにかかわらず、動画コンテンツのリーチをより包括的に把握することができます。

全米ナショナルテレビ視聴率:但し、日本では未提供

視聴者がいつ、どこで、誰と、どのくらいの頻度で視聴しているかを把握し、広告戦略やコンテンツ戦略に役立てましょう。

.text-blurple-200 { color: rgb(150 130 255) !important; }