ニールセンとビデオリサーチ、共同でトータル広告視聴率(TAR)の提供を開始

「人」ベースでのテレビとデジタルのクロスプラットフォーム視聴者測定を提供

ニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮本淳、以下:ニールセン)は本日、株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員 望月渡、以下:ビデオリサーチ)と共同で、クロスプラットフォームの広告視聴者測定ソリューションであるトータル広告視聴率(Total Ad Ratings、以下TAR)の提供を開始することを発表しました。

TARは、テレビとすべてのデジタルデバイス(PC、タブレット、スマートフォン)にまたがる広告キャンペーンの非重複の視聴者数、リーチ、フリークエンシーを測定します。ビデオリサーチの全国テレビCM視聴データ(業界標準テレビ視聴データのPMによる到達判定)とニールセンのデジタル広告視聴率(DAR)を組み合わせたTARは、広告主、広告会社や媒体社が、広告キャンペーンのテレビのみの視聴者、デジタルのみの視聴者、そしてテレビとデジタルを組み合わせてリーチしたクロスプラットフォームの共通視聴者数を把握することを可能にします。これにより、広告主、広告会社やテレビとデジタルの媒体社は、テレビとデジタルメディアの各プラットフォームにおける「人」ベースでの広告視聴者のトータルリーチやターゲットリーチとフリークエンシーを、プラットフォーム間の重複を排除して把握できるようになり、テレビメディアとデジタルメディアがどのように連携して広告キャンペーンによる消費者リーチを獲得するかを、包括的に理解することができます。

ニールセン デジタル株式会社代表取締役社長の宮本淳は以下のように述べています。「日本では、テレビが依然として大きな消費メディアである一方で、デジタルメディア消費は、モバイルや動画配信サービスの普及に後押しされて高い成長を見せています。現在、日本の消費者の多くがプラットフォームを越えて同時にコンテンツを消費しており、広告主、広告会社や媒体社にとっては大きな消費者コミュニケーションのチャンスとなっています。しかし、従来はテレビ広告とデジタル広告は別々に測定されており、広告主や媒体社がクロスプラットフォームの視聴者を定量化することは困難でした。トータル広告視聴率(TAR)は、テレビとデジタルの関係を理解して、プランニングを最適化することを可能にし、プラットフォーム間の隠れた可能性を引き出し、広告効果を向上させ、最終的にはメディア投資効果を最大化させることを支援します」。

株式会社ビデオリサーチの代表取締役社長執行役員の望月渡氏は以下のように述べています。「ビデオリサーチでは、「テレビメディア」の動向を中心に、これまでも時代の変化に対応してまいりました。テレビ視聴率事業では、「全放送エリア・365日・個人単位」でテレビ視聴データの提供を実現しました。このデータ整備により、テレビCMデータにおいても全32放送エリアで誰がテレビCMを見ていたのかを把握できるようになり、全国テレビCMデータとして提供も行っています。

ただし、現在はテレビのみならず、すべてのメディアにおいてDX化が進展しており、デジタルも併せた到達状況把握の必要性が増しています。テレビ、デジタル双方の強みを表現することで、それぞれ(テレビ、デジタル)の市場が活性化されることに加え、グローバルで展開しているTARならではのグローバル市場における日本市場の活性化、それに伴う日本のメディア・広告業界への還元という観点から皆様のご支援ができると考えています。

なお、ビデオリサーチは今年、創業60周年を迎え、テレビ視聴率調査会社からテレビも含めた動画ビジネスを支えるデータ&システム会社への変革を行っております。TARの提供開始は、第三者機関として統合動画視聴データの提供や、テレビ広告業務のDXを実現させるテレビ・動画広告関連システムを提供する会社への一歩と捉えており、メディアの価値の可視化を追求する当社の社会的使命に合致するものだと考えています」。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc(NYSE:NLSN)は、メディア業界の全体的かつ客観的な理解を提供するための世界有数のデータと分析を提供しています。ニールセンはオーディエンスの測定、オーディエンスの成果、コンテンツに関するサービスを通じて、クライアントとパートナーに複雑な問題に対するシンプルなソリューションを提供することで、クライアントの投資や成長戦略の価値を最適化しています。ニールセンは、重複を排除したクロスメディア・オーディエンス測定を提供できる唯一の企業です。ニールセンとクライアントにとって、Audience is EverythingTM であり、ニールセンはすべてのオーディエンスの声が重要であることを保証することに取り組んでいます。S&P 500企業としてニールセンは、約60カ国で測定と分析のサービスを提供しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com

ビデオリサーチについて

株式会社ビデオリサーチは、テレビも含めた動画ビジネスを支えるデータ&システム会社です。日本国内で唯一、テレビ視聴率データを提供する調査機関として1962年に設立し、以来、日本国内におけるテレビ視聴率調査をはじめとした各種メディアデータやマーケティングデータなど最先端のデータを提供し、企業のマーケティング課題解決のトータルサポートを行っています。詳細はビデオリサーチのウェブサイトをご覧ください:https://www.videor.co.jp/