本コンテンツへスキップ

グローバルリーダーシップ

ニールセンについて ピート・ドウ

ピート・ドウ

チーフ・リサーチ・オフィサー

ニールセンのチーフ・リサーチ・オフィサー。市場調査、視聴者測定、ビッグデータ、統計モデリング技術において数十年の経験を持つ。現職ではニールセンのデータサイエンス組織を率い、ビデオ、デジタル、オーディオの視聴者測定手法の開発をグローバルに監督。2004年から2015年にかけては、ニールセンのデータ統合製品の主要アーキテクトを務め、セットトップボックス測定、デジタルおよび屋外広告リサーチにおける特許取得済みのイノベーションに貢献した。2015年から2022年にかけては、2019年にXandrに買収され、2022年にマイクロソフトに買収された先進的TVプラットフォームの新興企業clypdの最高研究責任者を務めた。米国に移る前は、英国のRSMB TV Researchで取締役を務め、主にBARB TVの視聴者測定通貨やデータ融合プロジェクトに携わった。ロンドンのNOP Market Researchでキャリアをスタート。ロンドン大学キングスカレッジ卒業。