02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

本、映画、恋愛 ベストセラーとハリウッド・バウンス

1分で読む|2010年8月

2006年に出版されたエリザベス・ギルバートの回想録『食べて、祈って、恋をして』の映画版が8月13日に公開される。このような書籍は、銀幕デビューのずっと前に成功を収めるが、映画化直前の話題性によって、印象的な売上がもたらされることがある。

「ニールセン・ブックのジョナサン・ノーウェル社長は、「文学界はハリウッドにとってクリエイティブなコンテンツの供給源であることが多いが、ハリウッドの作品が書籍の売上を押し上げるという相互関係がしばしば見られる。

食べて、祈って、恋をして』は、8月1日に終わる週だけで94,000冊が売れ、この本が最初に出版された2006年通年の総売上冊数と同じになった。2010年に入ってからは、2009年通年の2倍以上の販売部数を記録している。

EatPrayLove

ジュリー・パウエルの『ジュリー&ジュリア』だけでなく、パウエルがインスピレーションを得たジュリア・チャイルドの料理本も売上に貢献した。

女性へのアピールが強い他の書籍から映画へのタイトルも、メディアや興行的な注目度が低下しているにもかかわらず、売れ行きを伸ばしている。2010年2月に発売された『Dear John』(ニコラス・スパークス著)は、『ノートブック』など映画化されたヒット作の著者であり、書籍の売上上昇に火をつけた。ジョディ・ピコール著『My Sister's Keeper』は、出版から5年後の2009年6月に銀幕デビューを果たした。この小説もまた、映画公開週に8万1,000冊を売り上げ、週間売上で最高を記録した。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。