02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ポリティカル・スコアカード フロリダ州、カリフォルニア州の主要レースで広告総額とオンライン上の話題が急増

2分で読む|2010年10月

無所属で出馬したチャーリー・クリスト州知事が、フロリダ州上院議員選挙で対立候補2人との広告レースを制したことが、ニールセンによる先週の選挙メディア活動の分析で明らかになった。先週のフロリダ州上位5市場全体で1,296の広告を掲載したクリススト知事は、前週の出稿数をほぼ50%上回った。この合計は、知事の上位2人の対立候補ケンドリック・ミーク(民主党)とマルコ・ルビオ(共和党)がそれぞれ出した広告数の2倍以上だった。

一方、クリスト氏の知事選では、共和党のリック・スコット氏が先週、対立候補のアレックス・シンク氏(民主党)の4倍の広告を放映した。両候補ともタンパ・セントピーターズバーグ市場で最も多くの広告を放映したが、最も明らかな差が出たのはマイアミ市場で、スコット陣営は344の広告を放映したのに対し、シンク陣営は1つも放映しなかった。

全米の他の注目レースでも:

  • メグ・ホイットマンは、カリフォルニア州の上位4つのメディア市場全体における広告で、州知事選の対立候補ジェリー・ブラウンをリードしていた。しかし、eBayの元CEOがかつて非正規雇用労働者を自宅で雇っていたというニュースは、9月30日にネット上で話題となり、テレビでも取り上げられた。
  • カーリー・フィオリーナが、カリフォルニア州上院議員総選挙期間中、初のフル広告を行った。フィオリーナの広告はロサンゼルス、サクラメント、サンディエゴで放映されたが、サンフランシスコ市場では10月3日までまだ広告を放映していない。全体としては、民主党現職のバーバラ・ボクサーが先週、州全体で4対1近い広告優位を保っていた。
  • メリーランド州知事選では、ボルチモア市場が最大の激戦区となっている。現職のマーティン・オマリー氏(民主党)と対立候補のボブ・アーリック氏(共和党)は、チャームシティの広告競争で拮抗していたが、アーリック氏はワシントンDC市場ではまったく広告活動を見せなかった。その結果、先週ボルチモアの地元テレビ局で候補者の名前が言及される確率は、ワシントンDCの電波に比べて2倍以上だった。

ニールセンの選挙メディア分析をダウンロードする。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。