02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

アプリ世代 25~34歳のモバイルユーザーの62%がスマートフォンを所有

1 分で読めます |2011年11月号

ニールセンが実施した第3四半期のモバイル・ユーザー調査によると、米国の携帯電話加入者のうち、パワフルなOSを搭載した携帯電話であるスマートフォンを所有しているのは全体の43%に過ぎないが、現在では44歳以下の大多数がスマートフォンを所有していることが明らかになった。 実際、25歳から34歳のモバイル成人の62%がスマートフォンを所有している。 また、18~24歳と35~44歳では、スマートフォンの普及率は54%近くで推移している。

その他のグループでは、普及率はやや低い。 12~17歳の10代の若者の約40%、45~54歳の若者の約40%が、より基本的なフィーチャーフォンではなく、スマートフォンを所有していると回答した。

若年層に次いでスマートフォン普及率が急速に伸びているのは、55~64歳の層である。 この高齢者層のスマートフォン普及率は30%に過ぎないが、今期は5%急増した。

スマートフォン市場の拡大が続く中、米国ではアンドロイドが依然として最も人気のあるスマートフォンOSで、市場の43%を占めている。一方、アップルはスマートフォン・メーカーのトップで、スマートフォン消費者の28%がアップルのiPhoneを使用している。

スマートフォンエイジグループ

スマートフォン市場

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。