本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

ジェネレーション・アップ 25-34歳のモバイルユーザーの62%がスマートフォンを所有

1分で読めるシリーズ|2011年11月

ニールセンが実施した第3四半期のモバイルユーザー調査によると、米国の携帯電話契約者全体のうち、強力なOSを搭載した携帯電話であるスマートフォンを所有しているのはわずか43%ですが、現在44歳以下の大多数がスマートフォンを所有していることが明らかになりました。 実際、25歳から34歳のモバイル成人の62%がスマートフォンを所有していると報告しています。 また、18歳から24歳、35歳から44歳の間では、スマートフォンの普及率は54%付近で推移しています。

その他のグループでは、普及率がやや低くなっています。 12~17歳の10代の約40%、45~54歳の約40%が、より基本的なフィーチャーフォンではなく、スマートフォンを所有していると回答しています。

若年層に次いでスマートフォンの普及率が伸びているのは、55~64歳の層である。 この高齢者層におけるスマートフォンの普及率は30%に過ぎませんが、今期は5%上昇しました。

スマートフォン市場の拡大が続く中、米国では依然としてAndroidが43%と最も人気のあるスマートフォンOSである一方、Appleはスマートフォン消費者の28%がAppleのiPhoneを使用しており、スマートフォンメーカーのトップであると言えます。

スマートフォンエイジグループ

スマートフォン市場

関連タグ