02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国スマートフォン市場、OSはアンドロイドがトップ、メーカーはアップルがトップ

1 分で読めます |2011年7月号

ニールセンの6月のデータによると、グーグルのアンドロイド・オペレーティング・システム(OS)は現在、米国の消費者向けスマートフォン市場で39%と最大のシェアを占めている。 アップルのiOSは28%で2位、RIMのブラックベリーは20%に落ちている。

しかし、iOS OSを搭載したスマートフォンを製造しているのはアップルのみであるため、アップルが米国でトップのスマートフォンメーカーであることは明らかである。 他の主要メーカーには、Android端末がスマートフォン市場の14%、Windows Mobile/WP7端末が6%を占めるHTC、Android端末をスマートフォン所有者の11%が所有するモトローラなどがある。 サムスンのAndroid端末はスマートフォン所有者の8%が使用しており、Windows Mobile/WP7端末はスマートフォン所有者の2%が使用している。

2011年6月-スマートフォン・シェア

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。