ニュースセンター>責任と持続可能性

ボランティアがNielsen Caresで世界に珍しい影響を与える

2 分で読めます |2015年5月号

ニールセンは、私たちの洞察力、関与、投資を活用することで、私たちが生活し、働く世界中のコミュニティに変化をもたらすことに尽力しています。昨年は、 A Billion + Changeへの年間コミットメントの一環として、スキルベースのボランティア活動を通じて、データ、製品、サービス、時間の1,050万ドルを寄付しました。

「私たちは、社会的利益のために非営利団体にデータを提供するこの動きに参加できることを嬉しく思います」と、企業の社会的責任担当副社長であるCrystal Barnes氏は述べています。「ニールセンのコミットメントは深く、ニールセンのデータと洞察、そして彼らのスキルと専門知識を動員して、世界中で毎日影響を与える従業員によって真に力を得ています。」

私たちは従業員の情熱を頼りにしており、ニールセン内外で素晴らしいことを実現するために、彼らのユニークなスキルと専門知識に依存しています。年間を通じて効果的で実践的なボランティアプロジェクトを実施するために、ニールセンの全社員は毎年24時間、ボランティア活動に専念しています。2015年には、教育、飢餓と栄養、テクノロジー、ダイバーシティ&インクルージョンといった重点分野を含め、変化をもたらすことができる活動のために、少なくとも200,000時間のボランティア活動を行います。

このコミットメントを実現するために、私たちは国連世界食糧計画(WFP)などの非営利団体と協力する機会に恵まれました。これは、ニールセンのグローバルなプレゼンスと独自のパートナーシップにおける比類のない洞察力を活用し、比類のないインパクトを与えるというニールセンの全体的な戦略の一環です。