本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品

ニールセン、インドでYoutubeのインアプリの測定を追加

2分で読めるシリーズ|2019年6月
{“order”:0,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

Nielsen Digital Ad Ratingsは、主要なデジタルビデオプラットフォームの視聴者について独立した見解を提供します。

インド・ムンバイ - 2019年6月3日 - ニールセンは本日、Nielsen Digital Ad Ratingsを用いたYouTubeのモバイルアプリでの広告計測を、さらに26カ国に拡大したことを発表しました。インド、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、チェコ、ギリシャ、香港、ハンガリー、インドネシア、アイルランド、イスラエル、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、プエルトリコ、シンガポール、南アフリカ、スペイン、台湾、タイ、トルコ&アラブ首長国連邦の26カ国を追加しました。

現在34カ国で提供されているこのサービスは、ニールセンが現在提供しているデスクトップおよびモバイルのウェブブラウザにおけるYouTube広告の測定範囲に基づいており、マーケターに対して、コンピュータおよびモバイルデバイスにおけるYouTubeの広告視聴者を独立かつ包括的にクロスデバイスで測定することを可能にします。YouTubeのモバイルアプリに対するデジタル広告視聴率の測定は、2017年6月に米国で、2017年10月にカナダと日本で、2018年1月に英国、フランス、ドイツで、2018年9月1日にオーストラリアとイタリアで提供開始されました。

今回の拡張により、Nielsen Digital Ad Ratingsのクライアントは、YouTubeモバイルアプリの広告を閲覧する消費者の年齢や性別、リーチ、フリークエンシー、グロスレーティングポイント(GRP)などにアクセスできるようになります。YouTube広告の測定は、Digital Ad Ratingsの他のすべてのモバイルパブリッシャーと一貫した手法を使用しています。これにより、メディアバイヤーおよびセラーは、メディアプランニング および実行において、パブリッシャー間で本当に比較可能な重複しない人物ベースの測定を活用することができます。Nielsen Digital Ad Ratingsにより、パブリッシャー、広告主、メディアエージェンシーは、テレビで使用されているものと同等の測定基準を使用して、YouTubeの視聴者をより深く理解することができるようになります。

「デジタルプラットフォームやデバイスで動画を視聴する人が増える中、メディア消費の全体像を把握するためには、デジタル広告レーティングによるニールセンのYouTubeの包括的な測定が不可欠です。特に、これらの国ではモバイル動画広告でYouTubeが大きな割合を占めています。「特に、YouTubeがこれらの国のモバイル動画広告の大きな割合を占めているため、デジタル広告視聴率を通じてメディア消費の全体像を把握することは非常に重要です。

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界中の消費者と市場について、最も完全で信頼できる見解を提供するグローバルな測定・データ分析企業です。ニールセン独自のデータと他のデータソースを組み合わせることで、世界中のクライアントが、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識を基にどのように行動すればよいのかを理解できるよう支援しています。ニールセンは90年以上にわたり、科学的厳密性と革新性に基づいたデータと分析を提供し、メディア、広告、小売、消費財業界が直面する最も重要な問題に答えるための新しい方法を開発し続けています。

S&P500社の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

お問い合わせ

ニールセン

タリニ・マトゥール・カウル

tarini.mathurkaul@nielsen.com

+91 9654400458