本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

ニールセンスポーツがB1三遠ネオフェニックスと2年間のパートナーシップ締結

1分で読めるシリーズ|2020年12月

チーム価値の可視化とパートナーへの提供価値の最大化に向けて

世界最大規模のスポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社ニールセンスポーツ(日本法人:東京都港区)、このたびのバスケットボールB.LEAGUE(Bリーグ)1に所属する「三遠ネオフェニックス」、マーケティングリサーチパートナー契約を更新いたしましたのでお知らせいたします。

大規模なスポーツイベントの日本開催が続き、スポーツに対する注目度は高まっています(ただし、新型コロナウイルスの影響により東京2020オリンピック・パラリンピックは2021年に延期され、その他すべてのスポーツ大会、リーグが中止もしくは開催を強要されます、スポーツ界は大きな打撃を受けています。LEAGUEでは、2019-20シーズンは中断、10月2日に開幕した2020-21シーズンについても入場者数を制限しており、コロナの中で収益源を確保していくことが求められています。

このような背景の中、ニールセンスポーツは2019-20シーズンから提供しているメディア露出換算を2020-21と2021-22シーズンにおいても継続・発展して実施する、パートナー企業に対する協賛価値の証明と三遠ネオフェニックスの価値の向上を支援して参ります。 新型コロナウイルスの影響により、会場でのスポンサーシップ活用が難しくなる一方で、メディアを通じたファン、マーケットへの訴求は強化されることが想定されます。

株式会社フェニックス 代表取締役社長 北郷 謙二郎のコメント

「この度、ニールセンスポーツジャパン様とパートナーシップ契約を締結したときのご報告致します。

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社 執行役員 副社長 兼 クライアントサービス・ビジネスディベロップメント統括本部長 本庄 健人のコメント

「この度、スポンサー効果の可視化において真摯に取り組み、三遠ネオフェニックス様と2年間のパートナーシップを締結できたことは大変嬉しく思います。19の影響により、パートナー企業のクラブに対するニーズは一層多角化・高度化・複雑化しています。

<目的と取組>

パートナーに対する協賛効果と三遠ネオフェニックスの価値を継続的に評価し、スポンサーシップを活性化するスポンサーシップ収益を中心に事業を拡大することでチーム強化やファン拡大につなげる、その先にあるクラブのミッションの達成に貢献する。

  • メディア露出換算

ニールセンスポーツ独自の指標を用いて、TV(中継・ニュース)、OTT(バスケットライブ)クラブパートナー(スポンサー)のメディア露出価値を調査・分析し、効果的な露出に対するインサイトを提供する。

###

ニールセンスポーツ ジャパン株式会社は、世界最大規模のスポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社ニールセンスポーツの日本法人です。スポンサーシップに関するデータ分析及びファンインサイトを基に、様々なステークホルダーの事業拡大を支援します。400以上のクライアント、15,000以上の案件に携わっており、日本では、Jリーグやプロ野球球団をはじめとするスポーツライツホルダー、国内の大会・イベントに協賛する企業、その他代理店や行政との契約をしているスポンサーシップを評価するグローバルスタンダートとして世界中で事業を展開しています。//nielsensports.com/jp/をご覧ください。

ニールセンについて

ニールセン・ホールディングス・ピーエルシー(NYSE:NLSNは、世界最大級のマーケティング調査&データ分析の会社として、世界規模の消費者と市場における最も完全な信頼されたインサイトを提供しています。500企業として、世界人口の90%を網羅する100ヵ国以上に拠点を有しています。nielsen.com

お問い合わせ:ニールセン スポーツ ジャパン 担当: 荒木 

Tel: +81 3 6837 6550 Email:nielsensports_press_jp@nielsen.com