ニュースセンター

ニールセン、アルノー・フレードがコマーシャル・グロース担当シニアに就任し、アジア太平洋地域への投資を継続

2分で読む|2022年5月

シンガポール、2022年5月9日 – アルノー・フレイドは、シニア・バイス・プレジデント兼コマーシャル・グロース責任者としてニールセン・アジア・パシフィック(APAC)チームに加わりました。 

アルノーは、そのキャリアを通じて、APAC、ラテンアメリカ、中東、アフリカ、ヨーロッパのさまざまな市場や業界において、インサイトおよびデータアドバイザリー部門で多くの指導的地位を歴任してきました。また、デジタルおよびテクノロジー開発の継続的な提唱者であり、インタラクティブサービス、ソーシャルインテリジェンス、戦略的開発などのサービスラインでリーダーシップを発揮してきました。   

新シニアバイスプレジデント兼コマーシャルグロースAPAC責任者のアルノー・フレイドは、「ニールセンでのキャリアの新たな章を本当に楽しみにしています。ブランドが経験している変革のペースの中で、メディアトレンド、オーディエンス、小売を理解するソートリーダーとして、業界のマイルストーンに参加し続けることを本当に楽しみにしています。広告主とメディアオーナーは、モバイル、ストリーミング、ソーシャル、テレビプラットフォームの進化を通じて、大きな成長機会を得ています。ニールセンは、この進化を通じて視聴者のエンゲージメントをナビゲートするユニークな立場にあり、私はこの物語の中心にいることに興奮しています。

「アルノーのような有能なシニアリーダーの任命により、私たちは業界にコミットし、クライアントが業界の変革をナビゲートする中で、クライアントの成長をサポートするためにここにいることを約束します。アルノーの業界と地域における深い経験は、クライアントが独立した実用的なインテリジェンスを提供し、オーディエンスとさらに深くつながり、関与できるようにします。ニールセンでは、当社のデータにより、人々とメディアがつながり、グローバルな広告・コンテンツ市場を活性化させています。アルノーが私のシニアリーダーシップチームに加わって、この成長ストーリーをさらに推進してくれることを嬉しく思います」と、ニールセンのアジア太平洋担当プレジデントであるロブ・ギルビーは述べています。 

ニールセンについて

Nielsen Holdings plc(NYSE:NLSN)は、メディア業界の全体的かつ客観的な理解を提供するための世界有数のデータと分析を提供しています。ニールセンはオーディエンスの測定、オーディエンスの成果、コンテンツに関するサービスを通じて、クライアントとパートナーに複雑な問題に対するシンプルなソリューションを提供することで、クライアントの投資や成長戦略の価値を最適化しています。ニールセンは、重複を排除したクロスメディア・オーディエンス測定を提供できる唯一の企業です。ニールセンとクライアントにとって、Audience is Everything であり、ニールセンはすべてのオーディエンスの声が重要であることを保証することに取り組んでいます。

S&P 500 企業であるニールセン(NYSE: NLSN)は、世界 55 カ国以上で事業を展開しています。詳しくはwww.nielsen.comまたはwww.nielsen.com/investorsをご覧ください。

お問い合わせ

ニールセン

エレノア・クラム

eleanor.crum@nielsen.com

+61 404 967 574