最新の記事が公開されました

「新型コロナウイルス禍におけるデジタルコミュニケーションを考える」
「広告効果最大化につながるブランドリフト調査を行う上での注意点」

オンライン、スマートフォンのサイト、アプリ、デバイスの最新利用動向データ

日本:最も閲覧されている割合が高いブランドサイトは、PCではYahoo、スマートフォンではGoogle

The Science Behind What’s Next™

真のデータを用いれば「推測する」ことと「知る」ことの違いを理解できます。ニールセンの科学に裏付けられたデータを使えば、次に何が起こるのかを推測することなく、What’s Nextを知ることができるでしょう。