インサイト

マーケティング・ミックス・モデリングを理解する
レポート

マーケティング・ミックス・モデリングを理解する

マーケティングパフォーマンスを最適化するために知っておくべきこと

昨今の急激な情勢の変化は、絶えず消費者の行動にも変化を与えています。このような予測不可能な状況でもなお、マーケターは、マーケティング投資において、様々な判断を下さなければいけません。正しい意思決定をするためにも、マーケティング活動を正確かつ持続的に測定することの重要性が改めて認識されています。そのような状況で、最適かつ長期的に使用出来る効果測定ソリューションが、マーケティング・ミックス・モデリング(MMM)です。

なぜ今、MMMなのか?

・マーケティング・パフォーマンスの全体像を把握出来る:
MMMでは、あらゆるマーケティング施策を統合的に分析します(例:テレビ、新聞・雑誌、デジタル、店頭プロモーション、その他マーケティング施策)。COVID-19の影響、気温、祝日、競合影響などの外的要因の影響を含む全ての要因を包括的に理解することができます。

・ROIという共通指標でマーケティング施策を比較可能:
異なる施策間のコンバージョン率やターゲットリーチなど、様々な計測値を平等に比較することは困難です。MMMでは、各マーケティング施策の費用対効果(ROI)を算出することにより、全ての施策を横並びに比較することができます。どのメディア施策やキャンペーンが一番売上を向上させているのかを把握できれば、より効率的な予算配分が可能となります。

・ プライバシー情報を必要としない分析手法:
EU一般データ保護規則(GDPR)などのプライバシー情報取り扱いの制限が増える「クッキーレス時代」の中、マーケターは持続的にマーケティング活動を測定出来るソリューションを採用する必要があります。

英語版はこちら