本コンテンツへスキップ

グローバルリーダーシップ

ニールセンについて スリニ・ヴァラダラジャン

スリニ・ヴァラダラジャン

最高技術責任者

スリーニはニールセンテクノロジーの最高技術責任者であり、ニールセンのチーフアーキテクトの役割も担っている。インド出身で、マドラス大学でコンピューターサイエンスの学位を、ニューヨーク大学で戦略とリーダーシップを専門とするマネジメントとシステムの修士号を取得。トムソン・ロイターの製品開発プロセスに変革(ニールセンについて )をもたらした応用プロジェクトで特別賞を受賞。

2016年にニールセンに入社する以前は、トムソン・ロイター(コンテンツ・テクノロジー部門責任者)およびゴールドマン・サックス(データ・アーキテクチャ部門責任者)でビッグデータおよびプラットフォームに関する主要な取り組みを指揮。ビッグデータとクラウドコンピューティング技術に関する深い知識を持つ。アーキテクチャーやソフトウェア開発以外にも、技術系組織の変革に豊富な経験を持つ。アジャイルとリーンの大きな支持者であり、大組織におけるスタートアップのメンタリティの原則を支持している。ニューヨーク大学修士課程での卒論は、大規模組織におけるアジャイル開発の導入に焦点を当てたものだった。

料理好きで、週末はキッチンを占領する。また、ニールセンについて 地球とその動植物にも情熱を注いでいる。アウトドア派で、夏はハイキング、冬はスキーをする。大学時代は陸上選手で、800メートルの記録保持者。