02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

オーディオは平日のためにある

1分で読む|2014年2月

ほとんどのアメリカ人がそうであるように、ラジオを聴くことは毎週の定期的なスケジュールの一部である。実際、12歳以上のアメリカ人の92%(2億4200万人)が毎週ラジオを聴いている。しかし、自分の好きな音楽、ニュース、トーク、スポーツ番組を聴くために、いつ、どこでチャンネルを合わせることが多いかについては、あまり意識していないかもしれない。

ニールセンの新しいオーディオ・トゥデイ・レポートによると、全国的なラジオ聴取の大部分は、フルタイムで働く人々によって家の外で行われている。この2つの要素が直接関係していることは驚くには当たらない。有職者は平日の日中、定期的に外出する可能性が最も高い。そして、外出時には、他の時間帯よりもラジオを利用する可能性が高い。

1週間7日間で、ラジオ聴取者の64%が外出先で聴取し、18歳から64歳までの聴取者の62%がフルタイムで働いている。月曜日から金曜日までの勤務時間、特に通勤時間帯(ラジオの世界ではAMドライブとPMドライブと呼ばれる)に焦点を当てると、この数字はさらに高くなる。

出典ニールセン。RADAR 119, 2013年12月; M-SU 6AM-MID AQH Composition.

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。