ニュースセンター

ニールセン・シンガポールが6年連続でエージェンシー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2分で読む|2017年6月
{“order”:4,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

シンガポール - 2017年6月28日 - 世界的なパフォーマンス・マネジメント企業であるニールセンは、6月16日に開催されたマーケティング・マガジンのエージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワード2017授賞式において、マーケット・リサーチ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。ニールセンは今年で6年連続の受賞となります。

ニールセン・シンガポールおよびマレーシアのマネージング・ディレクター、ジョーン・コーは、「6回連続でこの名誉ある賞を受賞できたことを大変光栄に思います。「ニールセン・シンガポール・マレーシアのマネージング・ディレクター、ジョーン・コーは、次のように述べています。「私たちは、クライアントにより大きな価値を提供し、クライアントが次の目標を理解し、ビジネスを次のレベルに引き上げる自信を持てるよう支援することに情熱を注いでいます。

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードは、シンガポールのエージェンシーにとって、重要な人々であるシニア・クライアント・マーケターに評価してもらうことで、評価された期間の業績を把握する機会である。エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードの受賞者は常に、クライアント・マーケターによるエージェンシーの好みという一定の基準に基づいて受賞してきた。他のエージェンシー・アワードは地域市場との比較を促進しているが、エージェンシー・オブ・ザ・イヤーはシンガポール市場に特化してデザインされており、シンガポールが提供し、誇ることのできる最高のものを称えている。エージェンシー・オブ・ザ・イヤーは、特定のキャンペーンや広告ではなく、エージェンシーの総合的なパフォーマンスに焦点を当てている。この賞は、エージェンシーがそのパフォーマンスを上回ることを奨励し、最終的に業界の水準を引き上げるものです。

ヘルス・プロモーション・ボード、HSBCシンガポール、IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン・シンガポール、グラブなど、さまざまな企業のシニアマーケター19名からなる審査委員会が、マネジメントの卓越性、人材育成、卓越したビジネスパフォーマンス、業界やコミュニティに対するエージェンシーのスチュワードシップの度合いなど、主要な基準に照らしてファイナリストの提出物を評価した。

ニールセンについて ニールセン

ニールセン・ホールディングス・ピーエルシー(Nielsen Holdings plc、NYSE: NLSN)は、消費者が何を視聴し、何を購入するかを包括的に把握するグローバル・パフォーマンス・マネジメント企業である。ニールセンのウォッチ部門は、メディアや広告のクライアントに、動画、音声、テキストなど、コンテンツが消費されるあらゆるデバイスを網羅したトータルオーディエンス測定サービスを提供している。Buy部門は、消費財メーカーや小売業者に対し、業界唯一のグローバルな小売パフォーマンス測定サービスを提供しています。ニールセンは、ウォッチ・セグメントとバイ・セグメント、およびその他のデータソースからの情報を統合することで、クライアントにワールドクラスの測定と、パフォーマンス向上に役立つアナリティクスの両方を提供しています。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細はwww.nielsen.com

コンタクト

メディアからのお問い合わせスタンリー・ナム (Stanley.Nam@nielsen.com) およびギデオン・チュー (Gideon.Choo@nielsen.com)