本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>イベント

コンシューマー360 2018で「次なるもの」に立ち向かう

2分で読めるシリーズ|2018年6月

年中無休でデバイスが手元にある今日、メディア業界は視聴者にリーチし、エンゲージするかつてない機会を手にしている。また、メディア・コンテンツの新たな黄金時代と謳われている最中でもある。

「ニールセンのウォッチ部門プレジデントであるメーガン・クラーケンは、今週ワシントンD.C.で開催されるメディアを中心としたコンシューマー360®カンファレンスの開幕にあたり、「私はこの業界が大好きです。私たちは意識を高め、世界中の人々を集め、喜びを創造します。

しかし、同時にメーガンは、業界全体があらゆる方向から難題に直面しており、それがかつてないスピードで迫ってきていることを認めた。

しかし、課題は重要である。ブランドとマーケターは、自信を持って行動するために、課題に焦点を当てる必要がある。今日の計画を立て、明日の戦略を練るためには、課題を再定義し、今それに立ち向かう必要がある。そして今年のカンファレンスでは、メディア業界が次の課題に共に立ち向かうことで、これらの課題から生まれる機会をどのように見極めることができるかを探求した。

「とメーガンは語り、その後のセッションの基調を整えた。「それこそがエキサイティングなのだから。

イベント全体を通じて、広告やビジネスモデルの転換を乗り切る方法、消費者がショッピングやコンテンツを発見する最新の方法の分析、パーソナライズされた体験の促進、業界を変革するテクノロジーの探求など、魅力的なセッションが貴重な洞察を提供した。

参加者はまた、製品エキスポにも独占的にアクセスすることができた。この製品展示会では、メディア業界全体の業績を管理し、変革を推進するための最新のツールをご覧いただけます。

「ニールセンについて 、この業界とどのように関わっているか考えてみてください」とメーガンは聴衆に呼びかけた。「この業界にどのように関わっているか、考えてみてください」メーガンは聴衆に呼びかけた。