本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ニールセン専門家、ARF2009で講演...そして聴講

1分で読めるシリーズ|2009年3月

3月30日からニューヨークで開催されるAdvertising Research Foundation(ARF)のコンベンションとエキスポに、ニールセン・カンパニーの専門家が参加します。イベント期間中、ニールセン・ワイヤーは最新情報、概要、主要なプレゼンテーションやセッションの抜粋を提供します。

リスニングとソーシャルネットワーク

メディア・アナリティクス担当副社長のジョン・ギブスが、リスニング・ゾーンのラーニング・プレゼンテーションの進行役を務め、ソーシャル・ネットワーキングに焦点を当て、リスニング環境を醸成することの重要性を説きます。 プレゼンテーションでは、ニールセン・オンラインのソーシャル・ネットワーキング調査の新データを取り上げ、ブランドがリスニング・プログラムを最大限に活用する方法を紹介する。ギブスはまた、次のような講演も行う:「乱雑さを測る:It Matters "と題した講演も行う。ニールセンについて Clutterの詳細はこちら

さらに、ニールセン・オンライン、マーケティング・ソリューション担当副社長のデビッド・ヴィーゼンフェルドと、ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー、デジタルリサーチ、CMKシニアマネージャーのクリスティン・ブッシュが「リスニング vs. アスク」と題して講演する:消費者生成コンテンツとアンケートの対比」。

研究の未来と消費者の動向

ニールセンの最高経営責任者デービッド・カルフーンが、今後5年間のリサーチ変革に対応する戦略についてのパネルディスカッション「リサーチ業界のビジョン」に参加する。

ニールセンのチーフ・リサーチ・オフィサーであるポール・ドナート氏は、「メディア、消費者、経済」をテーマに、ニールセンについて 、政策や経済に関する報道が消費者の信頼感にどのような影響を与えるか、また、その情報が購買や娯楽の意思決定にどのような影響を与えるかを調査する。

イベントの全スケジュールと一部イベントのストリーミング映像はthearf.orgをご覧ください。

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける