02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

メディアの現状今日のオーディオ-アフリカ系アメリカ人とヒスパニック系視聴者を中心に

1 分で読めます |2014年4月号

全米のラジオ聴取率は伸び続けており、12歳以上のアメリカ人の約92%が毎週聴取している。その数は2億4440万人で、過去最高を記録した。

今日、スマートフォン、タブレット、ノートブック/デスクトップ・コンピューター、デジタル・ダッシュボードを通じて、放送やオンラインで消費者が利用できるメディアの選択肢が多様で数多くあることを考えると、この成長は注目に値する。ラジオの超ローカルな性質は、各市場に独自のサービスを提供するため、どのように(あるいはどこで)聴取しても、私たちの日常生活と強く結びついている。

ラジオは、アメリカの隅々からリスナーが集まる多様なコミュニティであり、国全体の人口動向を反映している。ラジオは元来のマスメディアのひとつであり、アメリカの人口が増え、国民の構成が変われば、ラジオの聴取者もそれに追随する。

全国的な伸びと同時に、アフリカ系アメリカ人とヒスパニック系アメリカ人のリスナー数も歴史的な高水準に達し、これらの層から毎週7100万人以上が視聴している。これらのリスナーを合わせると、全米視聴者のほぼ3分の1(29.6%)を占める。

このような多文化視聴者は、大小さまざまなマーケットで、全米のラジオに深く関わっており、3,000以上の放送局が、彼らに特化した番組を放送している。

ラジオの成長グラフは多様

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける