本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

メディアの現状オーディオの現状-アフリカ系アメリカ人とヒスパニック系視聴者に焦点をあてて

1分で読めるシリーズ|2014年4月

全米のラジオ消費量は増え続け、12歳以上のアメリカ人の約92%が毎週チャンネルを合わせています。これは2億4,440万人に相当し、過去最高を記録しています。

今日の消費者が、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、デスクトップパソコン、デジタルダッシュボードを介して、放送やオンラインで利用できるメディアの選択肢の多様性と数を考えると、この成長は目覚ましいものがあります。ラジオの超ローカルな性質は、各市場に独自のサービスを提供し、どのように(あるいはどこで)聴取しても、私たちの日常生活と強く結びついているのです。

ラジオの風景は、国全体の人口動向と同じように、アメリカの隅々からリスナーが集まる多様なコミュニティです。ラジオは元来マスメディアの一つであり、アメリカの人口が増え、市民の構成が変わるとともに、ラジオの視聴者もそれに追随するようになる。

全米の伸びと同時に、アフリカ系アメリカ人とヒスパニック系のリスナーも歴史的な高水準に達し、これらの層から毎週7100万人以上が視聴しています。これらのリスナーを合わせると、全米の視聴者総数のほぼ3分の1(29.6%)を占めます。

これらの多文化な視聴者は、全米の大小さまざまな市場でラジオに深く関わっており、3,000以上の局が彼らに特化した番組を制作しています。

ラジオの成長曲線は多様である