02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

ノー・スティック、ノー・ボール、ノー・プロブレム:ケンタッキー・ダービーを受け入れるスポーツ・ファンたち

2分で読む|2018年4月

ケンタッキーダービーは昨年、全米で15万人以上のファンを魅了し、平均1640万人のテレビ視聴者を動員した。ニールセン・スポーツ・スポンサーリンクによれば、米国の成人の14%がケンタッキーダービーを「見逃せない」イベントと考えており、これはマスターズ・ゴルフ・トーナメントやNHLスタンレーカップ・ファイナルズに匹敵する。

スーパーボウルMVPのトム・ブレイディ、MLBの伝説的選手デビッド・オルティス、PGAツアーゴルファーのリッキー・ファウラーなど、プロスポーツ界の著名人が直接参加することでも知られており、「棒とボール」のスポーツファン全体がケンタッキーダービーに興味を持つ傾向が一般人より強いのは当然だろう。

例えば、NHLファンは45%、MLBファンは38%ケンタッキーダービーを見る確率が高い。

ギャンブルに時間とお金を費やす人々は、ケンタッキーダービーへの関心も一般人より高い。昨年ケンタッキーダービーを観戦した成人は、カジノに足を運んだり、スロットマシーンにお金を入れたり、ブラックジャック、クラップス、ポーカー、ルーレットなどのテーブルゲームをプレイする傾向が強かった。

そしてもちろん、バーボンをベースにしたミントジュレップが伝統的なダービードリンクであることから、ケンタッキーダービーファンは、一般人口に比べてアルコール飲料で勝利を祝い、悲しみを紛らわす傾向が強い。2017年のケンタッキーダービーを観戦した人のうち、過去30日間にビールを飲んだと答えた人は46%、バーボンを飲んだ人は14%、スコッチを飲んだ人は6%で、いずれも一般人口の平均であるそれぞれ41%、11%、5%を上回っている。

第144回ケンタッキーダービーは、2018年5月5日(土)に京畿道レキシントンのチャーチル・ダウンズで開催される。

方法論

この記事における洞察は、以下の情報源から得たものである:

  • ニールセンNNTV番組レポート(ライブ+SD|テレビ|VOD付きリニア NBC 2017年5月6日)
  • ニールセン・スポーツ・スポンサーリンクUS(2017年4月~2018年3月 18歳以上)
  • ニールセン・スカボローUSA2017リリース2(2016年6月~2017年11月 18歳以上)

類似の洞察を閲覧し続ける