02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

スーパーボウルLIIハーフタイム・パフォーマー、ジャスティン・ティンバーレイクの進化

2分で読む|2018年2月

ジャスティン・ティンバーレイクが、スーパーボウルのハーフタイムショーでキャリア3度目となるパフォーマンスを披露する。2001年にNSYNCと共にスーパーボウルのハーフタイムショーでデビューし、2004年にはジャネット・ジャクソンとのデュエットで物議を醸して以来、シンガーソングライター、俳優、音楽プロデューサーである彼にとっては多くの変化があった。

ニールセンのN-Score Talent Trackerによると、俳優、アスリート、ミュージシャン、その他の有名人の米国での支持とキャスティングの可能性を評価するもので、ティンバーレイクは、50歳以下のアーティストの中で、ポップミュージックジャンル(N-Score 88)でジェニファー・ロペスと並んで最も市場性のあるアーティストである。また、音楽界ではテイラー・スウィフト、ジェニファー・ロペス、レディー・ガガ、ビヨンセ、マライア・キャリーに次いで6番目に知名度が高い。

サタデー・ナイト・ライブ』のゲスト司会を5回務めたティンバーレイクは、N-Scoreによると、米国で最も面白いポップ・ミュージック・アーティストと考えられている。ティンバーレイクのこれまでの最大のアルバムは、俳優業に大きなキャリアを捧げる前のものだ。これまでで最も人気のあるアルバムは、2006年にリリースされた『FutureSex/LoveSounds』で、アルバム活動(アルバム+トラック換算アルバム[TEA]+ストリーミング換算アルバム[SEA]オンデマンド)で640万以上を記録しているが、彼の最大の曲はその10年後に生まれた。2016年の "Can't Stop The Feeling!"は760万回以上購入、ダウンロード、ストリーミングされている。現在までに370万回ラジオでオンエアされている。

スーパーボウルのハーフタイム・パフォーマーは、歴史的にイベント直後にファンからの関心が急上昇するためだ。

スーパーボウルでのパフォーマンスに向けて、ティンバーレイクはビヨンセ、コールドプレイ、ケイティ・ペリーを総購入数、ダウンロード数、ストリーミング数、ラジオでのオンエア数で引き離している。スーパーボウルLIIは2月4日(日)、ミネソタ州ミネアポリスのU.S.バンク・スタジアムで開催される。

類似の洞察を閲覧し続ける