02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

The Gaugeによると、12月のストリーミングは週間ベースで過去最高を記録

5分で読む|2022年1月

総視聴時間の観点からは、クリスマスの週にストリーミングが明らかに突出した存在であり、アメリカ人は増え続けるオーバー・ザ・トップ・プラットフォームで合計1,830億分(史上最高)を視聴した。この総視聴時間は、2020年3月(米国で自宅待機規制が始まった時期)に視聴された1600億分や、その1ヶ月前の感謝祭の週に視聴された1780億分を軽々と追い越すものだった。また、ストリーミング視聴の急増により、クリスマスの週のテレビ視聴全体に占めるストリーマーの視聴シェアは33%となり、ニールセンの測定では最多となった。

レポートの観点から、今月号の「ザ・ゲージ」は提供するデータの粒度を拡大した。四捨五入の代わりに、視聴シェアの計算を拡大し、さらに小数点以下のデータを表示するようにした。この追加データにより、視聴シェアの前月比の変化が見やすくなる。12月は、放送の視聴が1ポイント減少し、ビデオオンデマンドコンテンツ、ケーブルセットトップボックスのストリーミング、ゲーム、DVDの利用を含む「その他」のカテゴリーが、このカテゴリーの「プレミアシーズン」ともいえる時期に、ビデオゲームの好調で1.6%のシェアを獲得した。 全体的なストリーミングのシェアは当月ほぼ横ばいで、28%と安定している。

11月のアメリカにおけるテレビ総視聴数

ニールセンの製品戦略担当SVPであるブライアン・フーラーが、The Gaugeを支える視聴の変化の舞台裏を紹介するビデオをご覧ください。

 

メソドロジーとよくある質問

本ゲージは、放送、ストリーミング、ケーブル、その他のソースを含む主要なテレビ配信プラットフォームにおいて、消費者がどのようにコンテンツにアクセスしているかを月次でマクロ分析したものである。また、主要な個別ストリーミング配信事業者の内訳も掲載している。チャート自体は、各ストリーミング配信事業者のカテゴリー別シェアとテレビ利用全体のシェアを示している。

類似の洞察を閲覧し続ける