ニュースセンター>イベント

ニールセンのESGの旅は、持続可能で包括的な地域社会を支援する

4分で読める|2019年9月

80億人:これは2030年までに予測される世界人口である。これは驚異的な数字であり、全世界に大きな課題を突きつけている。しかし、おそらく最も緊急な問題は、非常に単純なものである:この成長するグローバル社会は、どのようにして自らを維持していくのだろうか?この問いは基本的なものでありながら、日常生活に影響を及ぼす広範な側面に及んでいる。-例えば 食料、清潔な水、安全な住居、天然資源へのアクセスなどである。-そのニーズは世界各地で大きく異なり、人口が増え続けるにつれて世界の課題は飛躍的に複雑になっている。

では、今のうちにこうした成果を維持し、向上させるためには、どのような計画を立てればいいのだろうか?という疑問が 68国連市民社会会議8月26日から28日まで、ユタ州ソルトレークシティで開催された。インクルーシブで持続可能な都市とコミュニティの構築に焦点を当てた(持続可能な開発目標11)に焦点を当て、ニールセンはこの緊急の世界目標に向けた革新的な解決策の特定と推進におけるプロフェッショナル・サービス・ビジネスの役割について議論する機会を得た。イベント内では、The Demand Institute主催の「80億人の世界人口を維持する方法」パネルが開催された。 ディマンド・インスティテュートパネルでは、新たなテクノロジーとコラボレーションが長期的な人類のニーズをどのように形成できるかを取り上げたプランニング 。

「このパネルは、官民協力の重要性と、持続可能な開発目標の達成におけるデータとテクノロジーの役割について議論するための素晴らしい機会でした。

ニールセンのグローバル・レスポンシビリティ&サステナビリティ担当ディレクターであるヤミニ・ディキシット氏は、パネルディスカッションの冒頭で、ニールセンのESG(環境、社会、ガバナンス)の旅のハイライトと、私たちの行動が私たちが事業を展開する地域社会における社会的・環境的影響にどのようにつながるかを慎重に判断するための継続的な取り組みを紹介しました。ヤミニは、社内のフットプリントから草の根的な取り組み、ステークホルダー重視に至るまで、ニールセンの総合的なサステナビリティ・アプローチについて語り、真のインパクトを推進するために、バリューチェーン全体で波及効果を生み出すことの重要性を強調した。また、この領域での成功を確実にするために、ニールセンがパートナーとのエンゲージメントのために誠実でオープンな場を作り続け、持続可能なコミットメントへの期待をすべての人に広げていることも紹介しました。

特にヤミニは、長年のデータ・測定企業としてのニールセンの存在が、私たちがサポートするクライアントのサステナビリティ・ストーリーを変える手助けをするユニークな能力を与えてくれることを強調した。ニールセンについて また、「サステナビリティ」の定義が常に進化・拡大していること、その変化にクライアントが適応できるようなインサイトを構築するのがデータ会社としての私たちの役割であること、そして進化する消費者の嗜好や行動を理解することについても言及した。

「しかし、私たちの役割はそれだけにとどまらない。「私たちには、私たちが暮らす地域社会や都市で持続可能性がどのように展開されるかについて、広範囲に影響を与える可能性があるのです。私たちは、この物語における消費者の力を忘れてはなりません-私たちは、消費者が持続可能な生活、健康的な環境の構築、地域社会での "正しい行動 "を期待することを可能にします。さらに、これらのデータ測定と、私たちのソリューションのデジタル化に対する革新的な姿勢は、増加するサービス対象人口の変化するニーズを予測する鍵となり得るのです」。

重要なのは、持続可能性が意味しうる広範な領域について、ヤミニはニールセンの環境正義に向けた旅における新しい物語を強調し、気候変動の枠組みを物理的な影響だけでなく、倫理的、政治的な側面へと拡大することである。 

「持続可能性という概念は、持続し、生き、進化し、そして願わくば繁栄するという、私たちの存在の核心にあるものです」とヤミニは言う。 とヤミニは言う。「究極的には、 この言葉はそれ自身を定義している。そして、点と点を結んで環境正義に目を向けるとき、私たちは社会的、環境的、倫理的変化の強力な結節点にいることに気づく。

ヤミニは最後に、話を「ひとりの力」、つまり変化はひとつの考え、ひとつの行動、ひとつの影響から始まるということに確実に立ち返らせた。「そして、自分にとって価値あるものを守るために活動家が立ち上がる。-変化は私たち一人ひとりのものであり、私たちがひとつになって包括的で持続可能なコミュニティを築けば、誰一人取り残されることはないのです!"

上の写真:ニールセンのヤミニ・ディクシット(左から2人目)、セールスフォース・ドット・オーグのサミラ・カーン、アクセンチュアのアミット・パテル、デマンド・インスティテュートのサラ・カミングス(右端)とともに、国連市民社会会議のパネルディスカッションに参加。