02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト

2008年 スポーツ観戦の記録的な年

1分で読む|2008年12月

2008年はスポーツ史上最高の年だっただろうか? 少なくとも視聴者の関心という点では、それを裏付ける証拠はたくさんある。 2008年のテレビスポーツのハイライトを見てみよう:

-世界で最も視聴されたイベント(2008年北京オリンピック:47億人)

-スーパーボウル史上最多視聴者数(ジャイアンツ対ペイトリオッツ、スーパーボウルXLII:9,750万人)

-史上最も視聴されたケーブル放送(カウボーイズ対イーグルス、マンデーナイトフットボール:視聴者数1860万人)

-史上最も視聴されたケーブルテレビのゴルフイベント(タイガー対ロッコ、全米オープンプレーオフ:480万人の視聴者数)

-ケーブルテレビで最も視聴された野球の試合(レッドソックス対レイズ、ALCS第7戦:1340万視聴者)

-過去5年間で最も視聴されたNBAファイナル(セルティックス対レイカーズ、NBAチャンピオンシップシリーズ平均視聴者数:1490万人)

-NHLレギュラーシーズンでは過去9年間で最多視聴者数、ファイナルでは過去5年間で最多視聴者数(ウィンター・クラシック:250万人、スタンレー・カップ、ペンギンズ対レッド・ウィングスの平均視聴者数:450万人)

-ウィンブルドン決勝は過去8年間で最多視聴者数を記録(フェデラー対ナダル:520万人)

視聴者数の急増は、これらの試合やイベントの裏にあるドラマチックなストーリーに起因するとも考えられるが、ニールセンの分析によれば、新しいテクノロジーがスポーツファンの体験を向上させている:

-スポーツ・イベントの視聴率は、ハイビジョン・テレビを設置した家庭で20%高い。

-2008年10月、7500万人がスポーツサイトを訪問

-2008年、1160万人のユニーク・ユーザーが、ファンタジー・スポーツ・サイトで12億分以上のログを記録

-2008年8月、米国の携帯電話加入者1,060万人がモバイルウェブ経由でスポーツコンテンツにアクセス。

レポート全文を見る

ニールセンの調査結果をUSAトゥデイ紙が伝えている。

私たちの投票に参加してください。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける