02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

オバマとマケインの広告は同等にネガティブ

2分で読む|2008年10月

ニールセン・モニター・プラスが木曜日に発表したところによると、オバマ大統領とマケイン大統領両陣営のネガティブキャンペーン広告の数はほぼ同数であった。

予備選が終了した6月3日から直近の報告期間である9月7日までに、マケイン陣営はオバマに対して76,192本のネガティブ広告を打った。 同期間中、オバマ陣営はマケイン陣営に対して75,246本のネガティブCMを打った。

両候補とそれを支援する「527」団体によるネガティブ広告は、オハイオ、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシンを筆頭とする激戦州に集中している。

順位

(広告数順)

# マケインのネガティブ広告

オバマと527によって配置された

1 オハイオ州 11,037
2 ミシガン州 10,397
3 ウィスコンシン州 8,974
4 ペンシルバニア 8,569
5 コロラド州 4,332
6 フロリダ 4,112
7 ミズーリ 3,899
8 ネバダ州 3,741
9 バージニア州 3,260
10 アイオワ 3,170
出典ニールセン・カンパニー(2008年6月3日~2008年9月7日)。

順位

(広告数順)

# オバマのネガティブ広告

マケインと527によって配置された

1 オハイオ州 14,397
2 ミシガン州 12,292
3 ペンシルバニア 11,363
4 ウィスコンシン州 10,005
5 アイオワ 7,172
6 コロラド州 6,016
7 ネバダ州 4,766
8 ミズーリ 4,305
9 ニューメキシコ州 2,106
10 ウェストバージニア 1,970
出典ニールセン・カンパニー(2008年6月3日~2008年9月7日)。

各候補の陣営が最も頻繁に使用した3つのCMは、それぞれ1万回以上放映された。

オバマに対するマケインの広告トップ3 # 地元テレビ局のコマーシャル数
ネガティブ - オバマ/ 支出/ 予算/ 税金/ 男性 16,354
否定的-オバマ/増税/外国産石油 16,215
否定的 - オバマ/ガス/国内掘削 10,760
出典ニールセン・カンパニー(2008年6月3日~2008年9月7日)。

マケインに対するオバマの広告トップ3 # 地元テレビ局のコマーシャル数
ネガティブ-マケイン/イラク戦争/石油/経済 11,140
ネガティブ - マケイン/住宅/経済 10,187
ネガティブ-マケイン/経済/税金/イラク戦争 10,074
出典ニールセン・カンパニー(2008年6月3日~2008年9月7日)。

各候補のネガティブ広告トップは以下の通り。

ニールセンの調査結果については、NewsweekAdAge、Chicago Tribuneの政治ブログ「The Swamp」Boston GlobeLos Angeles Timesで報道されている。

マケインの広告高価なプラン

オバマの広告書籍

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける