本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>> インサイト

2008年トップテレビ番組、単発番組

3分で読めるシリーズ|2008年12月

ニールセンは、2008年に米国で最も人気のあったテレビ番組から消費者向けパッケージ商品まで、年末のトレンドについて発表しました。

ニールセンによると、FOXの「アメリカン・アイドル」が2008年のトップTV番組となった。 12月7日までの火曜日夜の「アメリカン・アイドル」放送は、全米テレビ世帯の平均15.5%を、水曜日夜の「アメリカン・アイドル」放送は、全テレビ世帯の平均15.3%を動員した。

NBCの「Heroes」は、2008年のゴールデンタイム番組で最大の視聴率を記録した。 番組放送日から7日以内のタイムシフト視聴をニールセンの視聴率に加味すると、「Heroes」の平均視聴者数は35%増加した。 FOXの「Fringe」とABCの「Lost」もDVR視聴により、それぞれ+26%、+25%の大幅な視聴者増を記録した。

2008年のスーパーボールは、全米のテレビ視聴世帯の43.1%を占め、2008年単年で最も人気のあるテレビ放送となった。 

テレビ番組トップ10 - レギュラー番組

順位プログラムネットワーク全米住宅の割合

(格付け)

1アメリカン・アイドル-火曜日フォックス15.5%
2アメリカンアイドル-水曜フォックス15.3%
3舞踏会ABC12.3%
4DANCING W/STARS 結果ABC11.4%
5メンタリストCBS10.0%
6NBCサンデー・ナイト・フットボールエヌビーシー10.0%
7シーエスアイCBS8.1%
8エヌシーアイエスCBS8.0%
960分CBS7.6%
10生存者:ガボンCBS7.6%
出典ニールセン・カンパニー(2008年1月1日~12月7日)。
注:世帯視聴率にはライブ視聴と当日タイムシフト視聴を含む。5分未満のテレビ放送を除く。

テレビ番組トップ10(単独放送

順位テレビ放送ネットワーク放送日住宅の割合

米国では

(格付け)

1フォックス・スーパー・ボウルXLIIフォックス2/3/200843.1%
2フォックス・スーパーボウル・ポストゲームフォックス2/3/200830.1%
3フォックスNFCチャンピオンシップフォックス1/20/200829.0%
4夏季オリンピック・プライム1(火エヌビーシー8/12/200820.0%
5フォックスNFCプレーオフ-PST-日フォックス1/13/200818.8%
6夏季オリンピック開会式エヌビーシー8/8/200818.8%
7アカデミー賞ABC2/24/200818.7%
8夏のオリンピック サン・プライム1エヌビーシー8/10/200818.1%
9AFCディビジョナル・プレーオフCBS1/12/200817.9%
10夏季オリンピック木曜日プライム1エヌビーシー8/14/200817.9%
出典ニールセン・カンパニー(2008年1月1日~12月7日)。
注:世帯視聴率にはライブ視聴と当日タイムシフト視聴を含む。5分未満のテレビ放送を除く。

プライムタイムに放送される「タイムシフト番組」トップ10

順位プログラムネットワーク増加率

視聴率

1HEROESエヌビーシー35%
2フリンジフォックス26%
3ロストABC25%
4ボーンズフォックス21%
5グレイズ・アナトミー(原題) / GREY'S ANATOMY - 9PMABC20%
6ハウスフォックス18%
7生存者:ガボンCBS18%
8アメリカン・アイドル-火曜日フォックス13%
9メンタリストCBS13%
10アメリカンアイドル-水曜フォックス12%
出典ニールセン・カンパニー(2008年1月1日~11月23日)。
注:視聴率増加率は、ライブ世帯視聴率とLive+7との差の絶対値に基づいている。

プレスリリースを見る

Nielsen Wireでは、今後もTop In 2008の情報をお届けします。

ニールセンワイヤーが発表した 2009年業界展望シリーズをご覧ください。

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける