02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国のスマートフォンの平均データ使用量は89%増、1MBあたりのコストは46%減

2分で読む|2011年6月

ニールセン、テレコムリサーチ&インサイト、シニアマネージャー、ドン・ケロッグ氏

当初ここで説明したモバイル・データ津波は、現在も驚異的なペースで成長している。ニールセンが毎月行っている65,000回線以上の携帯電話料金の分析によると、スマートフォンの所有者、特にiPhoneやアンドロイド端末の所有者は、ユーザー一人当たりのデータ消費量がかつてないほど増えている。 スマートフォン所有者の割合も劇的に増加しているため、これは通信事業者にとって大きな意味を持つ。 (現在、米国の全携帯電話加入者の37%がスマートフォンを所有している)。

過去12ヶ月間だけで、平均的なスマートフォンユーザーが1ヶ月に消費するデータ量は、2010年第1四半期の230メガバイト(MB)から、2011年第1四半期の435MBへと89%増加した。スマートフォンユーザーの上位10パーセント(90パーセンタイル)のデータ使用量は109パーセント増加し、上位1パーセント(99パーセンタイル)のデータ使用量は2010年第1四半期の1.8GBから2011年第1四半期には4.6GB以上へと155パーセントも増加している。

モバイルMB使用率

スマートフォンのデータ使用量の伸びは、アップルのiOSやグーグルのアンドロイドのようなアプリフレンドリーなオペレーティングシステムが明らかに牽引している。iPhoneとAndroidスマートフォンを持つ消費者が最もデータを消費している:平均的なアンドロイドユーザーは月間582MB、平均的なiPhoneユーザーは492MBである。また、Windows Phone 7のユーザーは過去2四半期で使用量が倍増しており、これはおそらく利用可能なアプリケーションの増加によるものだろう。

OS別データ利用

データ使用量がほぼ倍増しているにもかかわらず、大半のユーザーは1年前と同程度のデータ使用料を支払っている。これは、消費されたデータ量あたりのコストが低くなっていることを意味する。 平均的なスマートフォンユーザーがデータ1単位あたりに支払う金額は、1メガバイト(MB)あたり14セントからわずか8セントへと、この1年で50%近く減少した。

スマートフォンのMB単価

このデータ津波とそれが無線通信事業者にもたらす課題に関するその他の視点については、Light Readingと The Streetの関連記事を参照されたい。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける