02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

米国の映画ファンはアクションに飽き足らない

2分で読む|2013年2月

今年のアカデミー賞でどの作品が作品賞を受賞するかは2月24日までわからないが、ニールセンは2012年に最も映画ファンを魅了したジャンルがアクション/アドベンチャーであることを知っている。ニールセンNRGの2012年アメリカ映画鑑賞レポートによると、アメリカの映画ファンの61%が、映画館で最も好んで見るのはアクション/アドベンチャー映画だと答えた。アクション/アドベンチャーに次いで、コメディ(50%)とSF/ファンタジー(42%)が映画館で2番目と3番目に好きなジャンルとして浮上した。

作品賞候補が4つの異なるジャンルにまたがっている中、アクション/アドベンチャー部門に属するのは2つだけだ:ライフ・オブ・パイ」と「ジャンゴ 繋がれざる者」である。その他の作品賞候補は、ドラマ、ロマンティック・コメディ、ミュージカルのジャンルにまたがっており、それぞれ32%、31%、12%の映画ファンに支持された。

ジャンル分けが難しい映画もあるが、今年の作品賞候補はそうだ:

  • アクション/アドベンチャー ライフ・オブ・パイ』『ジャンゴ 繋がれざる者
  • ドラマ アルゴ』、『アムール』、『ビースト・オブ・ザ・サザン・ワイルド』、『リンカーン』、『ゼロ・ダーク・サーティ
  • ロマンティック・コメディ:『銀の匙 Silver Linings Playbook
  • ミュージカル レ・ミゼラブル

2012年アメリカ映画鑑賞レポートは、人種/民族別のファンシップも分析し、今年の4つの作品賞ジャンルで興味深い違いがあることを発見した:

  • アクション/アドベンチャーは、すべての人種、特にアフリカ系アメリカ人に最も人気のあるジャンルである。2012年、アフリカ系アメリカ人映画ファンの77%がこのジャンルをお気に入りとしており、平均的なアメリカ人映画ファンよりも26%高い確率でアクション/アドベンチャー映画を好んでいる。
  • ミュージカルは、一部のヒスパニック系映画ファンの心を打つ。ヒスパニック系住民の19%が、映画館で見る映画の中でミュージカルが最も好きなタイプであると答えた。
  • ドラマの最大のファンはアフリカ系アメリカ人である。 アフリカ系アメリカ人の41%がドラマのファンであることを自認しておりヒスパニック系アメリカ人の33%、白人の31%、アジア系アメリカ人の29%に比べて多い。
  • ヒスパニック系とアジア系は愛を感じている。 ヒスパニック系とアジア系は、映画館で観たい作品としてロマンティック・コメディーを挙げる割合が平均的な米国人映画ファンより高い唯一のグループであった(それぞれ37%と34%)。アフリカ系アメリカ人は25%で、このジャンルを映画館で観るお気に入りとして挙げる人が最も少なかった。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。