02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

ホームエンターテインメントの現状

2分で読む|2017年8月

再生ボタンを押す人は多いが、お金を払う人はいるのだろうか?過去1年間で、デジタルビデオの視聴は無料・有料コンテンツともに増加傾向にある。そして、より多くの10代がデジタルコンテンツにお金を払うことを望んでおり、過去1年間にデジタルビデオを購入したと答えたのは63%で、2016年のわずか45%から増加している。

ミレニアル世代は昨年、1年前よりも多くの物理的ビデオを購入したと報告している。では、何がこれらの購入を後押ししているのだろうか?Nielsen Video 360 Reportによると、ビデオのハードコピーを保持する動機としては、ビデオコレクションを増やしたい、ボーナス機能が欲しい、インターネットにアクセスできないときに見たい、などが挙げられている。

では、消費者はどうやってニールセンについて 、話題の新作ビデオ、映画、テレビ番組を知るのだろうか?口コミはすべての年代で依然としてトップである。ソーシャルメディアは世代間の最大の差別化要因であり、ソーシャルメディアからニールセンについて の新コンテンツを知る一般層は29%に過ぎない。それに比べ、10代とミレニアル世代の45%は、お気に入りのオンライン・ソーシャルメディアにアクセスして、チェックする価値のあるものを見ている。

ソーシャルネットワーキングは、短編動画コンテンツの消費を促進する要因である。過去3ヶ月間に短編動画コンテンツを視聴したことがある人のうち、一般人口の66%、10代とミレニアル世代の72%が、通常ソーシャルメディアからコンテンツを視聴すると回答している。アテンション・スパンが縮小しているこの世界では、半数近くの人々が、1年前よりも短編コンテンツを視聴していると回答している。テレビ番組、ニュースセグメント、ユーザー生成コンテンツ、ミュージックビデオなどの短編ビデオクリップは、すべての年齢層、特に10代とミレニアル世代の間で人気を集めています。なぜか?短編コンテンツ愛好家たちは、新しく優れたコンテンツを目にし、友人たちがソーシャル・ネットワーク上でより多くの動画を共有していると述べている。

その他の洞察については、ニールセンのビデオ360レポートをダウンロードしてください。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。