02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

2018年のトップテレビ

2分で読む|2018年12月

言うまでもなく、2018年のテレビは多くのドラマを提供した。もちろんジャンル的にはそうだが、今年はまだ終わってもいない。この12カ月は、歴史的な殺人ミステリー、黙示録的な物語、超自然的な飛行機、そして非常に問題のあるスロークッカーなど、テレビの視聴者を席(場合によってはバーカウンター)に釘付けにした。

しかし、視聴者もまた、多くの息抜きの場を見つけた。いがみ合う社交界の名士たち、コメディの名作のリブートとスピンオフ、全米にまたがるタレントショーなど、視聴者はテレビドラマで座席を掴まされ、心を痛めた後、必ず笑い、非凡なものを賞賛した。

もちろん、10年経ってもジムや日焼け、洗濯は欠かさなかった。

スポーツは今年も多くの観客を魅了した。特にフットボールは、ステフォン・ディッグスやミネソタのある奇跡をフィーチャーした試合で私たちを釘付けにした。クリムゾン・タイドがジョージア・ブルドッグスを延長戦の末に破り、ニック・フォールズ率いるイーグルスが強豪ニューイングランド・ペイトリオッツをアメフトの王座から引きずり下ろした。

生放送であれ、タイムシフトであれ、あらゆる種類の家族がその年のトップ番組リストに登場した。今年は、愛と悲劇がある家族の物語をつむぎ出す一方で、ハチャメチャな不運や反抗期の子供たちが別の家族のピースを拾い上げるという展開が続いた。

テレビは2018年、これまでますます多様な質の高いコンテンツを提供してきた。見るべきものが増え、見る方法が増えたことで、視聴者は新年が何を提供するのかワクワクするはずだ。

類似の洞察を閲覧し続ける