02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

カナダにおけるアルバム換算のオーディオ総消費量は2018年に21%増加

8分で読む|2019年1月

自国のアーティストが国内外で大活躍

メディアを消費するためのプラットフォームやデバイスの選択肢が多様化するなか、カナダ人の音楽に対する揺るぎない愛情という不変のものがある。

ニールセンによると、2018年の音楽業界は全体的に大きな成長を遂げ、アルバム換算のオーディオ消費総量は2017年比で21%増加し、オンデマンド・オーディオの楽曲ストリームが昨年比で47%増加したことが牽引した。総消費量が最も多いアルバムはドレイクの『スコーピオン』で、4億8100万以上のオンデマンド・オーディオ・ストリームを含む42万4000のオンデマンド・オーディオ消費量を記録した。また、カナダのスーパースターは、"God's Plan "で最も消費された楽曲(ストリーミング相当のオンデマンドオーディオを含むデジタル楽曲売上)No.1を獲得している。このシングルは、オーディオとビデオを合わせたストリーミング数が1億3800万を超え、2018年トップのストリーミング数となっている。楽曲売上ではエド・シーランの "Perfect "がデジタルダウンロードで20万7000強を記録し、首位となった。今年最も売れたアルバムは「A Star Is Born」のサウンドトラックで、アルバム売上は9万2000枚を超えた。

年末の主な見識(19年1月3日までの週):

  • ストリーミング量は増加の一途をたどり、2018年のオンデマンド・オーディオの総ストリーム数は590億を超え、2017年の同時期と比べて47%増という大幅な伸びを示した。
  • ビデオを含むオンデマンド音楽ストリーミング全体の量は、前年同期から45%増加した。
  • 総アルバム換算オーディオ消費量(アルバム+トラック換算アルバム(TEA)+オンデマンド・オーディオ・ストリーミング換算アルバム{SEA})は前年比21%増。
  • デジタル購入が激減しているにもかかわらず、デジタル消費(デジタルアルバム+楽曲換算アルバム+ストリーミング換算アルバム合計)は昨年より22%増と健全な伸びを見せている。
  • ビニールは引き続き高騰し、前年同期比25%増で100万枚を突破した。

「ニールセン・エンタテインメント・カナダのポール・シェイバー副社長は、「カナダの音楽産業は、今年も目覚ましい成長と盛り上がりを見せている。「カナダ人はかつてないほど多くの音楽を聴き、関わっており、リスナーの嗜好も多様化している。

カナダ人アーティスト、国内外で成功をつかむ

ドレイク、ショーン・メンデス、ラウド・ラグジュアリーが自国産ヒットの年を牽引

ドレイクに加え、多くのカナダ人アーティストが国内外で2018年を力強く駆け抜けた。グラミー賞で2部門に大ノミネートされたばかりのショーン・メンデスは、セルフタイトルのアルバムでビルボード・カナディアン・アルバム・チャートとアメリカのビルボード200で1位、ヨーロッパの多くの国でトップ5入りを果たし、シングル「In My Blood」はビルボードの全米アダルト・トップ40エアプレイ・チャートで首位を獲得した。 オンタリオ州ロンドンのデュオ、ラウド・ラグジュアリーは "Body "でブレイクし、ビルボードのカナディアン・コンテンポラリー・ヒット・ラジオ(CHR)およびアダルト・コンテンポラリー(AC)エアプレイ・チャートで複数週にわたり首位を獲得、今年カナダで約7700万ストリーミングを記録した。

ザ・ウィークエンドの『マイ・ディア・メランコリーEP』は米国とカナダの両国のビルボード・アルバム・チャートで首位を獲得し、同じくR&Bのトリー・レーンズはカナダでの初のチャート首位を含め、両国で2018年に2枚のアルバムのトップ5入りを果たした。マイケル・ブーブレの2枚のアルバムは、ビルボード・カナダ・アルバム・チャートで年後半に1位を獲得した。シングルでは、ダニエル・シーザーが全米アダルトR&Bエアプレイ・チャートでビルボード1位を2曲獲得した。カントリーでは、ハイ・バレーがビルボード・カントリー・エアプレイ・チャートで初の全米トップ10入りを果たした。ダラス・スミス、ディーン・ブロディ、テビー、ゴード・バンフォード、メーガン・パトリックもビルボード・カナディアン・カントリー・エアプレイ1位を獲得した。

カナディアンは、2019年2月10日に予定されているグラミー賞授賞式に合計26ノミネートされた。

ドレイクの年

スコーピオン、複数のNo.1ヒットでチャートを席巻、消費記録を更新

ドレイクの『Scorpion』は2018年、消費記録を打ち砕く大ヒットアルバムとなった。今年最も消費されたアルバムとして、『Scorpion』は発売初週の1週間のストリーミング記録を7000万回更新し、それまでの記録保持者であったポスト・マローンの『beerbongs & bentleys』が5月の初週に記録した4300万回のオンデマンド・オーディオ・ストリームを上回った。

アルバムのリード・シングル「God's Plan」(オンデマンド・ストリーム1億3800万回)、「Nice For What」(オンデマンド・ストリーム8500万回)、「In My Feelings」(オンデマンド・ストリーム9900万回)、「Nonstop」(オンデマンド・ストリーム4800万回)は、ビルボード・カナディアン・ホット100で合計22週間1位を獲得した。

女性の強さ

カナダの女性新進アーティスト、2018年の活躍に注目

カーディ・B、カミラ・カベロ、アリアナ・グランデ、そしてラジオで増え続けるカナダの新進女性アーティストのNo.1ヒットや人気シングル/アルバムのおかげで、2018年も女性アーティストが大活躍した。2018年、ビルボード・カナディアン・ホット100エアプレイ・チャートでは、リード曲またはフィーチャリング曲の女性アーティストによる14曲がトップ5入りを果たし、前年に引き続き躍進を遂げた。

  • カーディ・Bのデビュー・アルバム『Invasion Of Privacy』は ビルボード・カナディアン・アルバム・チャートで初登場1位を獲得し、2週間首位をキープした。マルーン5とのコラボ曲「Girls Like You」は10週間1位を獲得した。
  • アリアナ・グランデの『スウィートナー』は、8月のリリースと同時に、女性アーティストのポップ・アルバムとしては最大のストリーミング週間を記録し、1,300万オンデマンド・オーディオ・ストリームを記録した。その3ヵ月後、彼女の単独シングル「サンキュー、ネクスト」は、発売以来4700万ストリーミングを記録し、ビルボード・カナディアン・ホット100で初の1位を獲得した。
  • カーディ・Bとアリアナ・グランデに加え、レディー・ガガ、P!nk、カミラ・カベロ、キャリー・アンダーウッドが2018年にチャート上位のアルバムを獲得した。
  • ラジオでは、女性リード・アーティストとフィーチャリング・アーティストがビルボード・カナディアン・ホット100エアプレイ・チャートでトップ5入りした曲は14曲で、2017年は9曲だった。

カナダの女性アーティストも2018年は好調で、ブロー、デラニー・ジェーン、リア・メイ、ザ・ビーチズ、テニール・タウンズがブレイクした。 リンジー・エルとメーガン・パトリックは今年カントリー・ラジオでNo.1ソングを獲得したが、これは1999年以来、同じ年に2人のカナダ人女性カントリー・アーティストがチャート・トップ曲を獲得した初めてのことである。ジネット・レノのアルバム『A Jamais 』は今年4番目に売れたアルバムであり、マリー=マイは今年、フランス語圏のエアプレイ・チャートでチャートトップの曲を獲得した。

サウンドトラックが大ヒットを記録

ブロックバスター映画、音楽セールスが大ヒット

ビルボード・カナディアン・アルバム2018年年末チャートで、大ヒット映画のサウンドトラック3曲がトップ20内にランクイン。

  • ブラックパンサーケンドリック・ラマーが監修した『ブラックパンサー:ザ・アルバム』は、ビルボード・カナディアン・アルバム・チャートで12ヶ月ぶりに1位を獲得。 ザ・ウィークエンドとSZAのヒット曲を収録したこのセットは、年末のビルボード・カナディアン・アルバム・チャートで9位を獲得した。
  • レディー・ガガとブラッドリー・クーパー主演の『ア・スター・イズ・ボーン』は、ビルボード・カナダ・アルバム・チャートで7週連続1位を獲得し、2014年に『アナと 雪の女王』が7週連続1位を獲得して以来、最長のチャート・トップ・サントラとなった。『ア・スター・イズ・ボーン』は、カナダで2018年に92,000枚を売り上げたトップ・アルバムであり、リード・シングルの「シャロウ」はビルボード・デジタル・ソングス・チャートで13週連続首位を獲得した。
  • 2017年末に発売された『グレイテスト・ショーマン 』のサウンドトラックは、ビルボード・カナディアン・アルバム年末チャートで15位にランクインし、オールスターのカヴァー・アルバムも誕生した。
  • さらにクイーンは、大ヒット伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ 』のサウンドトラックで、ニールセン・サウンドスキャン時代初のトップ5入りを果たした。そして、大ヒット続編『マンマ・ミーア 』のサウンドトラック!Here We Go Again 』が2週連続でベストセラー・アルバム・チャートの首位を獲得した。

K-POPブーム、新たな高みへ

BTSが韓国のレコードチャートの表示、消費、社会的活動をリード

ソーシャルメディア上の現象であるBTSは、9月にリリースされた『LOVE YOURSELF』がバンド初のアルバムとなり、K-POPアルバムとしては初のビルボード・カナディアン・アルバム・チャート1位を獲得した。しかし、史上初めて複数のK-POPアーティストの楽曲がビルボード・カナディアン・ホット100やその他のチャートで成功を収め、K-POP革命はまだ始まったばかりかもしれないと示唆している。

BTSは、5月に開催されたビルボード・ミュージック・アワードの期間中、ツイッターで最も話題となった3つの瞬間(ニールセンについて )を捉えた。バンドがレッドカーペットに登場した瞬間は、ツイッター上で208,245のインタラクションがあり、次いでタイラ・バンクスとの面会(135,029)、そしてバンドのトップ・ソーシャル・アーティスト受賞(128,479)が続いた。

韓国のガールズグループBLACKPINKは、6月の "Ddu-Du-Du-Du "と11月のデュア・リパとのコラボ曲 "Kiss And Make Up "でビルボード・カナディアン・ホット100の最高位2冠を達成した。 同グループのカタログは、2018年に5,400万オンデマンド・ストリームを記録した。

3月には、韓国のラッパーJ-HOPEがEP『Hope World』でビルボード・カナディアン・アルバム・チャートのトップ40に入り、11月には、男性だけのK-POPグループEXOが『Don't Mess Up My Tempo』で2作目のトップ100入りを果たした。

総アルバム等価消費量」という用語は、物理的およびデジタル・アルバムの販売枚数と、ダウンロードおよび楽曲ストリーミング量による総アルバム等価楽曲数を表している。わかりやすくするため、アルバム換算消費量の定義には、放送ラジオやデジタルラジオ放送での音楽聴取は含まれていない。特に断りのない限り、数字はすべて数量である。

類似の洞察を閲覧し続ける