本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

Allニールセンについて Opportunity:アジア系アメリカ人有権者の取り込み

2分で読めるシリーズ|2020年10月

今年の米国大統領選挙では、推定110億ドルもの政治資金が投入され、どの有権者グループも取り残されることは想像に難くありません。しかし、 2020年アジア系アメリカ人有権者調査によると、アジア系有権者の半数は、選挙当日までの間にどちらの政党からも連絡を受けなかったと回答しています。アジア系アメリカ人有権者の投票率は、過去の選挙サイクルでは多文化有権者の投票率に遅れをとっていましたが、今年は多くの有権者が、ニールセンについて 、傍観者から脱却して選挙プロセスに参加することに期待を寄せています。 

2020年の政党からの働きかけが限られているにもかかわらず、調査回答者は今年の投票への熱意が高まったとも報告しています。アジア系アメリカ人の有権者にとって、より多くの機会を求めて出世することは最重要課題であり、より多くの経済的地位と健全な雇用市場について主張できる政党が有利になるかもしれない。どのようなメッセージであれ、アジア系アメリカ人が関心を寄せる問題(ニールセンについて )を、彼らの好む言葉で訴えることは、衆参両院の候補者にとって有益なことです。

選挙ハブを見る

選挙イベントに関する最新のテレビ視聴率や有権者データについては、こちらをご覧ください。


選挙日は11月3日です
投票するのを忘れないでください。