本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

パワーママオンラインの交流とショッピングの力

1分で読めるシリーズ|2009年5月

Nielsen Onlineによると、少なくとも1人の子供を持つ25歳から54歳の女性、いわゆる「パワーママ」は、アクティブなオンライン人口の約20%を占め、これまで以上に影響力を行使しています。

では、パワーママたちはオンラインで何をしているのでしょうか。 パワーマザーのネット利用は、属性によって異なる。 たとえば、3人以上の子どもを持つ40~50歳の「エスタブリッシュド・マム」は、オンラインショッピングをよく利用し、Shopzilla.comが最も人気のあるサイトとなっています。 25〜34歳で子どもが1〜2人いる「ニュービー・マム」もオンラインショッピングを楽しんでいますが、ソーシャルネットワーキングサイトがより重要な役割を担っているようです。

パワー・マムは、経済に対する懸念を共有し、節約術や解決策をオンラインで求め、その会話数は増え続けています。「ママブロガーは、美容製品から自動車、インクジェットまであらゆるものをレビューしており、マーケティング担当者がターゲットとする消費者に比類ないリーチを提供することができます。と、ニールセン・オンラインのリサーチ・ディレクターであるジェシカ・ホーグは述べています。「コネクテッド・ワールドがますます広がる中、母親たちは信頼できるアドバイザーとして、オンライン上の仲間の知恵を求めています。

Nielsen Onlineの影響力のあるサイトのリストであるPower Mom 50など、これらの母親たちが行使する力について、詳しくはニールセンについて をご覧ください。

パワーママ50に入れるべきと思うお気に入りのサイトがありますか?コメントで教えてください。