本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

レポート 大型テレビ、DVR、Wi-Fiなど、米国で注目のホームテクノロジー・トレンドを紹介

2分で読めるシリーズ|2010年10月

ホームエンターテイメントやテクノロジーに対するアメリカ人の旺盛な欲求が拡大・進化を続ける中、それを支えるデバイスやガジェット、付属品も進化しています。Nielsenの2010年第2四半期ホームテクノロジーレポートでは、自己申告による調査データの2年間のトレンドレビューに基づき、注目の技術トレンドと冷え込んだ技術トレンドを明らかにしています。

この調査は、1,372世帯のサンプルに基づいています。サンプル世帯からの情報収集には、CATI(Computer Assisted Telephone Interviewing)システムを用いた電話インタビューが使用された。インタビューは、無作為に選ばれた12歳以上の世帯員に対して行われた。

ホットなトレンド

  • より大きな、より良いテレビ

    家庭用映画館では、41 インチ以上の大画面化および高解像度化により、テレビセットのアップグレードが続 いています。具体的には、2008 年第 3 四半期から 2010 年第 2 四半期にかけて、HDTV は 26.9%増、LCD フラットスク リーンは 48.2%増となりました。

  • ホームインターネットアクセス

    家庭でのインターネットおよびブロードバンド接続は引き続き増加しており、2010年第1四半期から第2四半期にかけて、それぞれ2.5%、3.8%増加しています。現在、米国人の85.3%が自宅や職場で何らかのインターネットアクセスを持っています。

  • ホーム ウィ-フィ

    テザーのない自由な接続性が、ワイヤレス化のトレンドの継続を後押ししています。家庭内のワイヤレスネットワークは、2010年第1四半期から第2四半期にかけて8.2%増加し、8四半期で24%増加しました。

  • デジタルビデオレコーダー

    現在 DVR デバイスを所有している米国の家庭の 40%では、要求の多いスケジュールによってタイムシフト視聴が必須となっています。また、DVRの普及は続いており、2010年第1四半期から2010年第2四半期にかけて14.5%増加しています。

  • MP3プレーヤー

    米国の全家庭の約半数(46%)が、少なくとも1台のMP3プレーヤーを所有しています。このカテゴリーでは、アップルのiPodが依然として優勢で、全MP3プレーヤー保有世帯の63%を占めています。

  • Apple iPad

    アップル社のiPadは2010年4月3日に発売され、その直後(2010年5月)にニールセンのホームテクノロジーレポート調査に追加された。第2四半期のレポートによると、現在、米国の家庭の3.6%がiPadを所有しており、このホットなトレンドが注目されるところである。

冷却のトレンド。

  • 衛星ラジオ

    衛星ラジオは、クリアな音声、途切れることのないプレイリスト、どこからでもアクセスできることが魅力ですが、過去8四半期の成長率はわずか5.5%と、緩やかなものにとどまっています。

  • ビデオカセットレコーダー

    DVRやDVDプレーヤーが、より高機能で鮮明な映像を、より手頃な価格で提供しているため、米国の家庭からビデオデッキが消え続けています。さらに、米国の映画会社がVHSフォーマットで映画を公開しなくなったこともあり、VTRは、もはや昨日のアナログ技術に馴染みのないデジタル世代にとって、単なるトリビアのひとつになることが予想されます。現在、米国の家庭におけるVTRの所有率は70.2%で、78.5%であった2008年第3四半期から10.6%減少しています。

  • デジタルビデオディスクプレーヤー

    DVDプレーヤーは2010年第1四半期から2010年第2四半期にかけて0.6%減少した。 米国の87.9%の家庭が既にDVDプレーヤーを所有しており、DVDプレーヤーの「ホット」な成長期はとうに過ぎている。

  • パーソナルデジタルアシスタント

    また、米国の家庭内でPDAを見かけることは少なくなってきている。PDAの所有率は2008年第3四半期以降25.5%減少しており、今後も減少が続くと思われます。PDAの市場シェアが着実に低下しているのは、ハンドヘルドコンピューティング機能と電話の両方を提供するスマートフォンのおかげと言えるでしょう。