本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

タイガーのマスターズ復帰に向け、過去の評価は何を意味するのか?

2分で読めるシリーズ|2010年3月

タイガー・ウッズは本日、ゴルフの祭典であるマスターズでPGAツアーに復帰することを発表しました。これは、今年のトーナメントを生中継するESPNとCBSの2つのネットワークにとって、きっと嬉しいことでしょう。タイガーのゴルフ復帰への期待が高まる中、多くの人がマスターズの視聴率がどのくらいになるのか、ニールセンについて 推測しています。ニールセンは将来の視聴率を予測しませんが、今年のマスターズを記録的なイベントにする可能性のある過去の指標があります。

Nielsenが1977年以降のゴルフの4大大会の最終ラウンドのテレビ視聴率を調べたところ、トップ10のテレビ放送はすべてマスターズのものであることがわかりました。最も視聴率が高かったのは、1997年の最終戦でした。この年、全テレビ世帯の14.1%がタイガーのマスターズ初優勝を見守ったと推定されています。そして、タイガーが2001年のマスターズで優勝を決めたとき、その最終ラウンドは少なくとも1977年以降で2番目に高い視聴率を記録し、13.0%の世帯視聴率を記録しました。

メジャーゴルフ最終戦のテレビ放送トップ10

(1977年以降)

順位 プログラム ネットワーク 家庭の評価(%) 優勝
1 マスターズ 1997 CBS 14.1 ウッズ
2 マスターズ 2001 CBS 13.0 ウッズ
3 マスターズ 1981 CBS 10.6 ワトソン
4 マスターズ 1990 CBS 10.5 ファルド※1
5 マスターズ 1998 CBS 10.2 オメーラ
6 マスターズ 1999 CBS 10.1 オラサバル
7 マスターズ2000 CBS 10.0 シン
8 マスターズ 1987 CBS 9.9 マイズ※1
9 マスターズ 1989 CBS 9.9 ファルド※1
10 マスターズ2005 CBS 9.8 ウッズ
出典ニールセン・カンパニー

*プレーオフ

昨年のニールセンの調べでは、タイガーが欠場した大会の視聴率はほぼ半分に落ち込んでいたそうです。今年は今のところ、タイガーのPGAツアーからの離脱は、それほど劇的な影響を及ぼしていません。PGAトーナメントの最終ラウンド中継の視聴率は、昨年の同時期と比較して、シーズン累計でわずか11%ダウンしています。

タイガーが出場することもそうですが、タイガーが優勝争いに絡むと、視聴者の関心が格段に高まります。昨年のニールセンの調査では、タイガーが優勝しない場合、マスターズ最終戦の視聴率は20%低くなることが分かっています。