02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

2011年7月-米国のトップ・ウェブ・ブランド

2分で読む|2011年9月

2011年7月は、ニールセンの新しい指標「インターネット総視聴者数」の最初の月となりました。この指標は、オンライン視聴者の活動を総合的に把握するために、ハイブリッド視聴者数測定データを組み込んだものです。 2011年7月、Googleは1億7,200万人のユニークビジターを獲得し、米国で最も訪問されたウェブサイトとなりました。2011年7月中、トップ10のウェブブランドのうち7つが同じ順位を維持し、ウィキペディアとアップルは前月と順位が入れ替わりました。 アマゾンは7,040万人のユニークビジターを獲得し、10位にランクインしました。

2011年7月のトップ10ウェブブランド(米国、合計)
順位 ブランド インターネット総視聴者数 (000) 一人当たりの時間(hh:mm:ss)
1 グーグル 172,533 1:29:40
2 フェイスブック 158,913 5:18:40*
3 ヤフー 148,590 2:14:25
4 MSN/WindowsLive/Bing 131,061 1:38:57
5 ユーチューブ 125,978 1:39:02
6 マイクロソフト 94,680 0:45:30
7 AOLメディア・ネットワーク 90,181 2:17:46
8 ウィキペディア 74,655 0:18:19
9 アップル 71,153 1:03:48
10 アマゾン 70,388 0:29:48
と読む:2011年7月、1億7250万人の米国人がグーグルのウェブサイトを訪れた。

ソースニールセン

* Facebook の AJAX インターフェースで使用されるコールの種類が変更されたため、6 月と 7 月の Facebook の継続時間に関するニールセン・ネットビューのデータが過小報告されます。

ハイブリッド・データは家庭用および職場用PC以外にも拡張され、このような測定の強化と測定ソースの追加により、ニールセンがトップ・ウェブ・ブランドのランキングに使用しているユニーク・オーディエンスなどの指標に7月のデータの変化が見られました。そのため、7月のデータを傾向分析することはできませんが、今後のTotal Internet Audienceデータは前月のTotal Internet Audienceデータと傾向分析することができます。

ハイブリッド測定は、自宅や職場のコンピュータを使用した消費者のインターネット行動を測定するために採用された、人ベースの代表サンプルであるニールセンのオンラインパネルと、あらゆるソースからのインターネット利用を考慮するためのウェブサイトからのタグベースのデータを組み合わせたものです。 このハイブリッド・アプローチにより、ニールセンのTotal Internet Audience指標には、モバイルデバイス、タブレット、セカンダリPC、自宅や職場以外のアクセスポイントなど、あらゆるデバイスからのウェブ閲覧行動が含まれます。

2011年7月、2億1,300万人の米国人が、ハイブリッド測定に含まれるすべてのソースからインターネットを利用した。2011年7月、米国では自宅および職場のPCを通じたインターネットアクセスが2億4,900万人に増加した。

2011年7月の全米平均インターネット利用率
メトリック 合計
一人当たりのセッション数/訪問数 64
Domains Visited per Person 95
一人当たりのウェブページビュー数 2,572
閲覧されたWebページの長さ 00:01:06
一人当たりのオンライン時間 27:14:48
# オンラインを利用した人の割合 213,253,000
# インターネットにアクセスできる人の割合 275,465,750
と読む:2011年7月、2億1300万人のアメリカ人がオンラインで活動。

ソースニールセン

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける