本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

マーケティング担当者は、一貫性のある重複のないオーディエンス測定を追い求めています。

2分で読めるシリーズ|2014年10月

地球上でリーチするために小さい聴衆を探しているマーケティング担当者はいません。しかし、リーチ数の増加は広告業界の誰にとっても重要な目標ですが、多くのマーケターは、オーディエンスのサイズは方程式の一部に過ぎないことを理解しています。なぜなら、単に人々にリーチするだけでは、反響は得られず、販売に結びつかないからです。消費者のコンテンツに対する欲求が様々なプラットフォームに広がるにつれ、より多くの企業が、効果的で売上につながるメッセージの作成に関心を持つようになっています。

要するに、スクリーンをまたぐ動画の継続的な増加に伴い、統合マルチスクリーン広告の重要性が高まることは明らかです。実際、Nielsen/Association of National Advertisers (ANA)が最近行った調査では、マーケターの 85% が、2016 年までに効果的なメッセージを配信するために統合型マルチスクリーン・キャンペーンの利用が非常に重要になると回答しており、現在そう感じている 38% をはるかに上回る結果となっています。

スクリーンを通してのカバレージを最大化することの重要性が高まるにつれ、マーケターはオーディエンスの意見に影響を与え、最終的に購買の意思決定を促すことに、同様に気を配っているのです。実際、より多くの人にメッセージを届けたいという欲求と同じくらい、効果的で売上につながるメッセージを伝えたいという欲求が高まっています。

テレビのヘビーユーザーはオンラインのヘビーユーザーですが、スクリーンからスクリーンへの視聴を追跡することは、複数の測定基準に依存しているマーケティング担当者にとって困難な場合があります。ANA/Nielsenの調査結果では、現在、マーケティング担当者のわずか16%が、統合されたマルチスクリーン・キャンペーンの効果を1つの評価基準で測定していることが強調されています。これに対して、80%近くが1つの指標に減らすことを希望していると答えています。

スクリーンをまたいだ投資収益率を最大化するための最大の課題の1つは、重複リーチを最小化すること、つまり、視聴者がどのスクリーンでコンテンツを閲覧しても、それぞれの視聴者に1回ずつリーチするキャンペーンを作成することです。テレビとオンラインのキャンペーンがそれぞれ独立して計画されている場合、ランダムな重複がしばしば発生し、一人の人間が同じキャンペーンに複数回接触することになります。

研究により、リーチとボリュームは直線的な関係にあることが証明されています。つまり、1つ1つのリーチポイントが増加するごとに、前回のリーチポイントと同じだけの量が追加されるのです。一方、総格点(プランニング )は、平均的な音量レスポンスが時間とともに増加するのではなく、すぐに頭打ちになる可能性があります。

類似のインサイトを閲覧し続ける