02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

米国家庭用娯楽産業年末レビュー

1分で読む|2014年2月

2013年は、ホームエンタテインメント業界にとって堅調な年であり、すべてのホームエンタテインメント・プラットフォームにおける消費者支出は1%近く増加した。

デジタルHDとして知られるエレクトロニック・セルスルーは、2013年に初めて10億ドルを突破し、引き続き有望視されている。さらに、ホームエンターテイメントのバイヤーにおけるデジタル・セルスルーの取引数は20%増加し、定額ストリーミングとビデオ・オン・デマンド(VOD)の取引数はそれぞれ10%と6%増加した。

ディスクに対する小売支出は引き続き堅調で、物理的フォーマットとデジタル・フォーマットが市場で共存し続けることを示している。ディスク全体の販売枚数は前年比6%減少したものの、ブルーレイの映画やテレビ番組の売上は引き続きDVDの売上減少を補うのに貢献した。ブルーレイディスクの売上は7%増加し、ディスク全体の売上に占める割合は前年の18%から20%に上昇した。

2013年の消費動向(フォーマット別、発売元別

類似の洞察を閲覧し続ける