02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

2015年第4四半期ローカル・ウォッチ・レポートあなたの居住地とその選択への影響

1分で読む|2016年1月

日を追うごとに、従来のリニアテレビとデジタル番組の境界線は曖昧になり続けている。そして、新技術の普及がどの程度異なる市場に影響を与えるかを考えることは重要である。ワシントンD.C.やサンフランシスコ、シアトルといったハイテクに詳しい市場は、多くのテクノロジーでトップである。しかし、過去1年半の間に、デトロイト、マイアミ、ピッツバーグのような都市は、スマートフォン、定額制ビデオ・オン・デマンド(SVOD)、タブレットの普及率で、1桁または2桁の高い伸びを達成した。 

国を超えてデバイスが爆発的に普及しているにもかかわらず、生放送のテレビが動画を視聴する主要なメディアであることに変わりはない。最新の第3四半期Total Audience Reportによると、アメリカ人は1日あたり4時間7分をライブTVに費やし、さらに28分をタイムシフトTVに費やしている。また、今年の大統領選挙に向けても、政治討論会や政治ニュース報道など、必見のイベントに関しては、生放送がアメリカ人の第一選択肢であることに変わりはない。

ミレニアル世代の有権者はどのようにメディアを消費しているのか?

今回のローカル・ウォッチ・レポートでは、若い有権者に焦点を当てる。ミレニアル世代の有権者は、米国の全登録有権者の4分の1以上を占めているため、彼らのメディア・タッチポイント、ライフスタイル、投票習慣を理解することが、広告の可能性を最適化し、彼らの注目を集める鍵となる。 

今日のミレニアル世代の有権者は、多文化で独身、ホワイトカラーの仕事をしている。また、若い有権者は新しいテクノロジーやソーシャル・メディアをいち早く取り入れる傾向があるが、私たちが考えているほど捉えどころがないわけではない。若い有権者の平均78%が毎週放送テレビを視聴し、その半数近くがローカルニュースを視聴している。 

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。