本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

カンヌライオンズライブ2021。ストリーミングの基礎知識

2分で読めるシリーズ|2021年6月

最近、テレビ画面の前に座っている人は、リモコンを手に取ったり、音声コマンドを使ったりするときに、ストリーミングサービスで見たいものを選んでいる可能性が高いです。Nielsenの新しい月次のテレビとストリーミングの合計スナップショットであるThe Gaugeによると、米国のすべてのテレビ家庭でのストリーミングの利用は、テレビで費やされるすべての時間の26%に上昇しました。これは、アメリカ人が放送テレビを見るために費やす時間の割合よりも1ポイント高い値です。 

しかし、誰が最も長い時間をストリーミングに費やしているのでしょうか?人々は何をストリーミングしているのでしょうか?そして、彼らはどのようにストリーミングしているものにアクセスしているのでしょうか?NielsenのCannes LIONS Live 2021バーチャル体験の一環として、Nielsenの製品戦略担当SVPであるBrian Fuhrerが、Nielsenのストリーミングビデオ視聴率からの新しい拡張テクノロジーとNielsenのNational TV Panelからのデータを使用して、このメディアがどのように進化してきたかを解き明かしました。 

このセッションでは、ブライアンがストリーミングのいくつかの領域を調査しています。

  • ストリーミングビデオオンデマンド(SVOD)から広告ビデオオンデマンド(AVOD)など、ストリーミングの現状とその主要なカテゴリーを構成するものは何か?
  • 年齢、性別、人種、民族別に見たストリーミングプラットフォームの視聴者層は?
  • 視聴者ドライバーや指標など、ストリーミングの重要な成功要因とは? 

このセッションのオンデマンド録画をご覧いただくと、ストリーミングの世界についてより深く知ることができます。 

ニールセンのCannes LIONS Live 2021バーチャル体験の他のセッションのオンデマンド録画もぜひご覧ください。