本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

希望と行動。アジア系アメリカ人の影響力拡大

2分で読めるシリーズ|2021年5月

今日、どのニュースフィードや記事を開いても、おそらくニールセンについて 人種的不公正に関する記事を目にすることでしょう。しかし、それと並行して、アジア系アメリカ人太平洋諸島民(AAPI) のコミュニティに対する人種差別的な憎悪犯罪をなくすことが重要視されています。パンデミックの発生とその起源が中国にあるという多くの言及は、封鎖、緊迫した米中政治関係、米国の景気後退などを理由に、中国人やアジア系に見える人たちを非難する記事やパブリックコメントを呼び起こしました。この問題はレトリックにとどまらず、反アジアのヘイトクライムが全米で急増しました。

アジア系アメリカ人の声はますます大きく、強くなり、憎しみを終わらせることを求め、より団結した未来への希望をもたらしています。反アジア憎悪犯罪法案の可決、強力な#washthehate運動、全米の新しい中心地におけるアジア系コミュニティの急激な成長は、アジア系アメリカ人の影響力と消費力が高まっていることの表れです。アジア系アメリカ人の消費者は、これまで以上にブランドや企業に多くのことを要求しています。このグループとつながるには、ニールセンについて 社会正義への配慮と、このコミュニティ内の多様性への理解を示す、異なるレベルの関与が必要です。

メディア業界の一員として、ニールセンは今年、反アジア人嫌いをなくすために業界がどのように行動できるかを徹底的に調べました。メディアは認識を変え、固定観念を打ち破る力を持っています。ニールセンは、広告の出し方やスクリーン上でのアジア人の表現方法を通じて、その両方を実現する機会を見出しました。本レポートは、アジア人コミュニティの成長とパワー、そして行動のための重要な機会を紹介しています。