02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>TV & ストリーミング

ストリーミング:2022年はオリジナルコンテンツの年

3分で読む|2023年1月

アメリカ人が昨年、ストリーミング配信したコンテンツは1900万年分以上にものぼる

ストリーミングサービスは、視聴者が 好むコンテンツとして勢いを増しています。過去1年間の視聴行動を見ると、2013年にNetflixが視聴者にオリジナル番組を発表して以来、提供するコンテンツがいかに劇的に進化してきたかがわかります。

Netflixの政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」がストリ ーミングサービスに独占的に登場した最初のテレビシリーズとなる前は、他のストリーミングコンテンツはほとんどが他からライセンスされたものでした。当時は、実験やリスクととらえる向きもあったものの、多くのオリジナル作品が視聴者を引き付け、場合によっては購入したコンテンツを凌駕し、ストリーミング・サービスにとってオリジナルコンテンツが競争優位性を持つまでに成長しました。

昨年、アメリカ人は合計で1940万年分以上のコンテンツをストリーミングし、2021年の 1500万年分より27%増加しました。この増加は、新規で登場したサービスと拡張されたサービスの幅、コンテンツ(特にストリーミングオリジナル)の深さによって牽引されたと考えられます。「ハウス・オブ・カード 」の登場から数年間、毎年の視聴率レビューでは、獲得したコンテンツの豊富なライブラリが提供する素晴らしいサポートが強調されました。しかし、2022年になると、オリジナル・コンテンツの視聴時間が買収コンテンツの視聴時間を大幅に上回り、NetflixのStranger Thingsが全シリーズの中で1位となりました。

2022年に『ストレンジャー・シングス』を視聴した合計時間は520億分で、これは2020年にCOVIDによるロックダウンで『 Office』を視聴した571億分以来の数字である。オリジナルコンテンツの優位性は、「ストレンジャー・シングス」が34エピソードしかないのに対し、「Office」は192エピソードあるという事実によってさらに強調されている。 

2021年12月下旬にDisney+で初公開された長編アニメ『Encanto』の視聴時間は2,740万分。これは2億6900万回視聴されたことに相当する。Encanto』が12ヶ月間視聴され、ストリーミングのトップリストにランクインしたのに対し、2022年11月下旬にデビューしたNetflixの『Wednesday』は、Netflixでの配信開始からわずか36日でランクインした。 

2022年にはオリジナルコンテンツが視聴者の間で一時代を築いたが、ストリーミングコンテンツ全体では、オリジナル、買収コンテンツ、映画でオリジナルは4タイトルしかなかったことを強調することが重要である。これは、『NCIS』、『グレイズ・アナトミー』、『ブルーイ』、『となりのサインフェルド』、『クリミナル・マインド』、『ザ・シンプソンズ』といった人気作品を年間を通して何十億分も視聴した視聴者にとって、ライブラリーコンテンツがいかに大きな魅力を持っているかを浮き彫りにしている。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。