ニュースセンター

ニールセン・グレイセノートが最終バーチャルメダル表予想を発表

43分で読む|2022年2月

データでは、ノルウェーが再び総合最多メダルを獲得し、ロシアオリンピック委員会がロシアとソビエト連邦の記録を破った。

UPDATE:世界的なCOVID-19パンデミックの影響により、北京冬季大会は通常よりも予測不可能な大会になる可能性がある。ニールセン・グラセノート・バーチャルメダル表では、例年通り、前回2018年冬季大会以降のデータを用いて、2022年大会で活躍しそうな選手を特定しています。現在トップ3にランクインしている選手の中には、COVID検査に不合格となり、出場できなくなる可能性が高い。本稿執筆時点で、オーストリアのスキージャンプ選手、サラ・マリタ・クラマー(当初は金メダル予想)はCOVID検査で陽性反応が出たため五輪を欠場し、予想から外されている。ハンガリーのショートトラックスケート選手、シャオアン・リュウ(銀メダル予想)も同じ理由で出場が危ぶまれている。

カリフォルニア州エメリービル - 2022年2月2日- 北京で開催される2022年冬季オリンピック開会式まであと2日となり、ニールセンのGracenoteは、Virtual Medal Table(VMT)の最終予想を発表しました。2018年冬季大会以降の主要競技のすべての結果を考慮し、GracenoteはXXIV冬季オリンピックにおける参加国の金・銀・銅メダル数を予測しています。

2021年10月27日に北京2022VMTが再発表されて以来、中国と日本が最も成績を伸ばし、それぞれ7個と6個のメダルを追加した。今冬のワールドカップシーズンの結果は、ロシアオリンピック委員会(ROC)に影響を与えた。ROCの予想メダル総数は、10月27日に比べて8個減少している。

2022年2月4日に開幕する今大会のVMT予測は以下の通り:

  • Gracenoteは、ノルウェーが2大会連続で冬季オリンピックのメダル獲得数でトップになると予想している。現在ノルウェーが獲得すると予想されている44個のメダルは、2018年の平昌冬季五輪で記録した39個の五輪記録を更新することになる。
  • 2022年北京大会では、アメリカとカナダが4位を争う接戦になると予想されている。2018年の平昌では、アメリカチームのメダル獲得数が北の隣国よりも少なかった。カナダが2大会連続でメダル獲得数でアメリカチームを上回ったことはない。
  • 北京2022の100日前にバーチャルメダル表がリニューアルされて以来、カナダはメダルを1つ増やした。カナダチームのメダル獲得予想は、現在アメリカと並んでいる。
  • ロシア選手団がロシアオリンピック委員会(ROC)の旗の下で競技することを許可されたことで、チームは2018年の旧名称である「ロシアからのオリンピック選手団」の成績よりも大幅に向上すると予想されている。ロシアオリンピック委員会は、主催国でない冬季オリンピックでは、ロシアやソビエト連邦を代表するどのチームよりも多くのメダルを獲得すると予想されている。
  • ドイツは、2018年に獲得した31個の冬季五輪メダルからわずかに減少し、2022年には30個になると予測されている。
  • 世界的なCOVID-19の流行により、多くのアジアの競技者が2018年平昌冬季大会と2022年北京冬季大会の間の主要な大会を見送らざるを得なくなり、その結果、通常よりもデータが少なくなった。これらの国々、特に中国の成績は、現在の成績データからは過小評価される可能性がある。しかし、今シーズンのワールドカップへのアジア勢の参加は、これらの国々の予測を鮮明にしている。

メダル獲得国トップ10

ノルウェー 

(2022年予想:メダル44個、2018年:メダル39個)
、ノルウェーは2018年平昌で獲得したメダル39個という記録的な合計を上回ると予想されている。この目標を達成するためには、クロスカントリースキーとバイアスロンが鍵となる。現在、ノルウェーはこの2種目で28個のメダルを獲得すると予想されており、これは冬季オリンピックでの獲得数を8個上回る。

気をつけよう:

  • アレクサンダー・アーモット・キルデ(アルペンスキー)
  • ヨハネス・ティングネス・ボー、ストゥルラ・ホルム・レグレイド、マルテ・オルスブ・ロイセランド、ティリル・エクホフ(バイアスロン)
  • ヨハネス・ホスフロート・クレーボ、テレーゼ・ヨハウグ(クロスカントリースキー)
  • ヤール・マグナス・リーバー(ノルディック複合)
  • マリウス・リンドヴィーク(スキージャンプ)
  • マーカス・クレブランド(スノーボード)

ドイツ

(2022年:メダル30個、2018年:メダル31個)
、ドイツは2018年平昌大会でのメダル31個をわずかに下回ることになりそうだ。これは、ドイツが36個のメダルという当時の記録を打ち立てた2002年ソルトレイクシティ大会以来、冬季大会では最高の記録だった。この記録はその後、アメリカ(37個、2010年)とノルウェー(39個、2018年)に破られている。

気をつけよう:

  • フランチェスコ・フリードリッヒ、ラウラ・ノルテ(ボブスレー)
  • ヨハネス・ルートヴィヒ、ユリア・タウビッツ、トニ・エガート、サッシャ・ベネッケン(リュージュ)
  • ヴィンツェンス・ガイガー、エリック・フレンツェル(ノルディック複合)
  • カール・ガイガー(スキージャンプ)

ロシアオリンピック委員会

(2022年:メダル30個、2018年:メダル17個)
ロシア選手団は、ロシアオリンピック委員会としてオリンピックの旗の下、北京冬季大会に出場することが許されている。このチームは30個のメダルを獲得すると予想されており、これはロシアやソビエトのどのチームよりも多い。現在のところ、クロスカントリースキーとフィギュアスケートがROCにとって最も成功したスポーツであり、それぞれ7個のメダルを獲得すると予想されている。

気をつけよう:

  • アレクサンドル・ボルシュノフ、ナタリア・ネプリャエワ(バイアスロン)
  • カミラ・ヴァリエワ (フィギュアスケート)
  • マキシム・ブロフ (フリースタイルスキー)

米国

(2022年:メダル22個、2018年:メダル23個)
アメリカがカナダより少ない冬季五輪メダルを獲得したのは2回(1998年、2018年)だけである。現在のGracenoteの予測によれば、2022年も両国は僅差であるため、これが繰り返される可能性がある。米国のメダルは8競技に分散し、フリースタイルスキーが最多となりそうだ。

気をつけよう:

  • ミカエラ・シフリン(アルペンスキー)
  • カイリー・ハンフリーズ、エラナ・マイヤーズ・テイラー(ボブスレー)
  • ジェシカ・ディギンズ(クロスカントリースキー)
  • アンソニー・ホール(フリースタイルスキー)
  • ブリタニー・ボウ(スピードスケート)

カナダ

(2022年:メダル22個、2018年:メダル29個)
カナダは2018年の冬季五輪で過去最高のメダル総数を記録した。2022年北京大会のメダル数22個という現在の予想は、カナダにとって2002年ソルトレークシティー大会以来最も少ないメダル数となる。スピードスケートは8個のメダルが予想されるカナダ最強の競技になりそうだが、カナダの競技者は例年通り幅広い競技で優勝候補に挙がっている。

気をつけよう:

  • キム・ブーティン(ショートトラック)
  • マーク・マクモリス(スノーボード)
  • イザベル・ヴァイデマン、イヴァニー・ブロンダン (スピードスケート)

スイス

(2022年:メダル21個、2018年:メダル15個)
2018年冬季大会でのスイスのメダル15個は、1988年以来の冬季オリンピックでの最高の成績となった。現在のGracenoteの予測では、北京大会ではスイスのメダル獲得数は21個と予測されており、さらに良い成績が期待できる。スイスがオリンピック新記録のメダル数を達成するためには、アルペンスキーとフリースタイルスキーが鍵となる競技である。

気をつけよう:

  • ビート・フォイツ、マルコ・オーダーマット、ララ・グート=ベラミ、コリンヌ・スーター(アルペンスキー)

オランダ

(2022年:メダル20個、2018年:メダル20個)
オランダは、2018年冬季大会でも20個のメダルを獲得し、その成績を再現すると予測されている。オランダがこれを達成すれば、3大会連続でオランダのメダルが20個以上となる。2011年まで、オランダは冬季オリンピックで11個以上のメダルを獲得したことがなかった。オランダの成績は、例年通りスケートトラックでの種目に大きく左右される。

気をつけよう:

  • スザンヌ・シュルティング(ショートトラック)
  • キンバリー・ボス(スケルトン)
  • トーマス・クロル、ヨリット・ベルスマ、イレーネ・ショーテン、イレーネ・ヴュスト(スピードスケート)

スウェーデン

(2022年:メダル19個、2018年:メダル14個)
、もしスウェーデンが北京で16個のメダルを獲得できれば、冬季大会におけるスウェーデンの最高成績となるが、現在の予想ではそれを大きく上回っている。スウェーデンの女子選手は今大会特に強い。12個のメダルをスウェーデン女子が獲得し、さらにアルペンスキー混合種目とカーリング混合ダブルスで2個のメダルが予想されている。

気をつけよう:

  • ハンナ・オベリ、エルヴィラ・エベリ、セバスチャン・サミュエルソン(バイアスロン)
  • カーリングチーム
  • エバ・アンデルソン、フリーダ・カールソン(クロスカントリースキー)
  • ニルス・ファン・デル・ポール (スピードスケート)

フランス

(2022年:メダル19個、2018年:メダル15個)
フランスの冬季オリンピックでの2つの最高の成績は、15個のメダルを獲得した2014年と2018年である。フランスはこれを上回り、19個のメダルを獲得すると予想されている。アルペンスキー、バイアスロン、フリースタイルスキーでの好成績は、フランスが北京から新記録のメダル数を持ち帰るために不可欠である。

気をつけよう:

  • アレクシス・パンチュロー(アルペンスキー)
  • クエンティン・フィヨン・メイレ、エミリアン・ジャクラン(バイアスロン)
  • テス・ルデュー (フリースタイルスキー)

日本

(2022年:メダル19個、2018年:メダル13個)
日本は過去3回の冬季大会でいずれもメダル獲得数を伸ばし、前回は冬季オリンピック史上最多のメダル13個を獲得した。北京大会ではこの記録を更新し、19個のメダルを獲得する見込みだ。

気をつけよう:

  • 羽生結弦(フィギュアスケート)
  • 渡部暁斗(ノルディック複合)
  • 小林陵侑、高梨沙羅(スキージャンプ)
  • 平野歩夢、戸塚優斗、村瀬心(スノーボード)
  • 高木美帆、小平奈緒(スピードスケート)

その他の主要ウィンタースポーツ国

オーストリア

(2022年:メダル15個、2018年:メダル14個)
オーストリアは、2022年の北京オリンピックで、平昌オリンピックよりも1個多くメダルを獲得すると予想されている。これは、オーストリアが通常よりも多くの冬季オリンピック種目でメダルを獲得する可能性があるためでもある。オーストリアの予想では、北京では7種目でメダルを獲得するとされており、これは2010年にオーストリアが記録したものと同じである。

気をつけよう:

  • ヴィンセント・クリーヒマイヤー、カタリーナ・リエンスベルガー(アルペンスキー)
  • リサ・テレサ・ハウザー(バイアスロン)
  • ヴォルフガング・キンドル、マドレーヌ・エグル、ローレンツ・コラー、トーマス・ステュー(リュージュ)
  • ヨハネス・ランパーター(ノルディック複合)
  • アナ・ガッサー(スノーボード)

中国

(2022年:メダル13個、2018年:メダル9個)
中国は、金メダル6個を含む13個のメダルを獲得し、冬季オリンピック史上最高の成績を収める見込みだ。中国のメダルは、フィギュアスケート、フリースタイルスキー、ショートトラック、スノーボード、スピードスケートなど、過去にメダルを獲得したことのある競技での獲得が予想されている。

気をつけよう:

  • 徐孟濤、孫家璇、アイリーン・グー(フリースタイルスキー)
  • 任志偉、呉大静、方克信(ショートトラック)
  • 蔡雪東(スノーボード)
  • ニン・ジョンヤン(スピードスケート)

イタリア

(2022年:メダル13個、2018年:メダル10個)
イタリアは過去2回の冬季大会のそれぞれでメダル数を伸ばしており、Gracenote Virtual Medal Tableによって今回もそうなると予測されています。13個のメダルは、2002年のソルトレークシティ以来、イタリアの最高記録となります。それ以上は、1994年のリレハンメル大会で記録した20個のメダル獲得以来のベストとなる。

気をつけよう:

  • フェデリカ・ブリニョーネ、ソフィア・ゴッジア(アルペンスキー)
  • ドロテア・ヴィーラー(バイアスロン)
  • フェデリコ・ペレグリーノ(クロスカントリースキー)
  • アリアンナ・フォンタナ(ショートトラック)、ミケーラ・モイオリ(スノーボード)
  • フランチェスカ・ロロブリジーダ(スピードスケート)

韓国

(2022年:メダル7個、2018年:メダル17個)
Virtual Medal Tableの予測では、韓国は4年前の冬季大会開催時のメダル獲得数の記録から大きく落ち込むことになる。韓国の過去のメダル獲得数を考えると、この予測は、韓国が北京で獲得する実際のメダル数を過小評価している可能性が高いです。

気をつけよう:

  • ファン・デホン、チェ・ミンジョン、パク・ジウォン、キム・ジユ(ショートトラック)
  • イ・サンホ(スノーボード)

ニールセン・グレースノート Virtual Medal Tableの進化をたどる

ニールセン・グレイセノートは、オリンピックの金・銀・銅メダル獲得国を予想するバーチャル・メダル・テーブル(VMT)手法を10年以上前に初めて導入した。その後、大会が開催されるにつれ、このアルゴリズムは教訓に基づいて改良されてきた。オリンピックの成績に関するデータ主導の予測に対する最大の挑戦は、世界的なCOVID-19の流行である。

本来、4年に1度の大会で選手や国の成績を正確に予測するのは難しい。COVID-19では、選手権イベント、トライアル、大会が延期、中止、あるいは多くの国の選手が欠場となり、さらに予測不可能性が増した。

Gracenote Sportsは、オリンピックが開催されるたびに、常にその手法を調整し、研ぎ澄ます機会としていますが、COVID-19は、そのプロセスをさらにシャープなものにしました。

それでも、私たちの方法論と、それに対する私たちの継続的なアップデートは、ほんの数カ月前に終了した最近の夏季オリンピックの後、さらに検証された。以下はそのハイライトである:

  • 私たちのVMTモデルは、メダル総数の上位10カ国を正しく予測した。
  • 上位20カ国の中では、日本、オランダ、イタリア、ブラジル、トルコ、インドが過去最多のメダル獲得国として正しく予想された。カナダは、1984年以来最高のオリンピックになると正しく予想された。
  • VMT予想の上位6人のうち4人が、予想合計から金メダル1個以内に終わった。
  • 無観客試合であったにもかかわらず、ホームアドバンテージがまたもや功を奏し、開催国日本はVMTが予想したメダル獲得数に金メダル1個、総合メダル2個の差でフィニッシュした。
  • 私たちはロシアオリンピック委員会のメダル総数を正確に予想し、ドイツの最終結果と2個差以内だった。
  • イタリアの記録的な活躍を予想した私たちの予想は的中し、最終的なメダル獲得数は1個以内、金メダルは2個以内と予想した。
  • 私たちは、韓国が20年以上ぶりに金メダル獲得数トップ10圏外になることを正しく予想し、また、韓国のメダル総数も正しかった。

そして、まだ改善の余地がある。開催国である中国やその他のアジア諸国に対する我々の予測(中国13個、日本19個、韓国7個のメダル)は、COVIDのために大会につながるイベントに選手が参加しなかったことが影響している可能性がある。オリンピック後の検証では、VMTのパフォーマンスが良好であることが示されていますが、可能な限り最高のパフォーマンスを確保するために、私たちは常に方法を微調整しています。

このことを念頭に置いて、長年にわたってVMTを調整してきた方法をいくつか紹介しよう:

ホームアドバンテージ

2012年以前は、ホームでのアドバンテージは追加投資によるものであり、結果に反映されるものと考えられていた。英国の合計65個のメダルは、VMTによって正確に予測されたが、金メダルについては予測が外れた。金メダルの予測をより正確にするために、ホームアドバンテージ係数が導入された。東京2020では、東京大会前の日本のメダル獲得数60個(金メダル26個)という予想が、実際のメダル獲得数58個(金メダル27個)に驚くほど近いことが証明され、これがいかに有効であるかが改めて示された。

最高の結果

スポーツによっては、オリンピック大会の間に競技者が記録する成績の数が大きく異なるものもあります。VMTは、オリンピック大会間のこれらの結果をすべて含めるのではなく、各競技者が記録したベストの成績を、他の要素とともに用いてランキングを作成する。つまり、他の競技者よりも大幅に多く参加した競技者が報われることはない。

シーズン自己ベスト

陸上競技や水泳のようなスポーツの予測は、自己のシーズンベストタイムを使用した仮想レースを毎年含めることによって改善される。

VMTアルゴリズムに対するこのような変更は、他の変更とともに、長年にわたってオリンピック大会の予測を改善してきた。しかし、COVID-19の世界的大流行により、別の問題が発生した。

コンペティションの欠如

世界的なパンデミック(世界的大流行)の影響で、世界各地でウィンタースポーツの大会が、特に2020年は中止になっている。カーリングとアイスホッケーの世界選手権を含め、世界選手権が中止になったスポーツさえある。

幸いなことに、ほとんどの冬季スポーツは毎年多くの大会が開催される。そのため、大会の中止や延期は、東京オリンピックのメダル獲得数を予想する際に、夏のスポーツ大会の少なさほど冬季オリンピックの予想に大きな影響を与えることはまだない。しかし、私たちが使い慣れているデータ量は比較的少ない。そのため、これらのスポーツについては、通常よりも正確な評価ができない可能性がある。

行方不明の選手

2020年初頭に世界的なCOVID-19パンデミックが発生して以来、冬季スポーツ大会にはアスリートがあまり参加していない。特に2021年の世界ショートトラック選手権とスピードスケート世界シングルディスタンス選手権では、アジア人選手の参加が皆無だった。前回の2019年世界ショートトラック選手権では韓国と中国が30個のメダルのうち16個を獲得し、2020年スピードスケート世界選手権では日本、韓国、中国が48個のメダルのうち7個を獲得したのだから。

この状況を調整するため、当社のアナリストは、この2つの世界選手権のアルゴリズムにおけるウェイトを減らしています。ショートトラックとスピードスケートは、2022年の北京大会までにワールドカップが多数予定されており、これらの大会は冬季大会に近いことから、Virtual Medal Tableの予測をより鮮明にするのに役立つと考えられます。

中国

2020/2021年シーズンのウィンタースポーツにおいて、中国の競技者はフィギュアスケート選手とアメリカを拠点とするフリースタイルスキーヤーのアイリーン・グーだけだった。開催国ほどそのシーズンのデータが少ない国はない。

中国選手の参加不足は、現在、我々のVirtual Medal Table計算の最大の問題である。中国は、過去の冬季オリンピックで11個のメダルを獲得したのが最高で、冬季スポーツでは強い血統を持っていないが、今大会に向けて多額の投資を行ってきた。通常であれば、その投資が成績の向上につながるはずだが、競技人口の少なさがそれを可能にした。最終的なメダル獲得数13個という予想は、中国の成績を考えれば納得できるものだが、それは低いほうに転ぶかもしれない。

現在予想されている中国のメダル13個に加え、最もサプライズとなりそうなのは以下の通り:

ボブスレー・女子単:イン・チン

モノボブはこれまでオリンピック種目となったことがなく、中国チームは誰よりもコースを熟知しているため、中国にとってチャンスとなる。イン・チンは、2019年12月にケーニッヒゼーで開催された非常に質の高い大会で優勝しており、中国の3人の出場候補選手の中で最も優れているように見える。

ボブスレー - 女子2名イン・チン、ドゥ・ジアニ

2019/2020年のボブスレーシーズン中、中国の競技者はこの種目でトップ10前後でフィニッシュしていた。2年間のさらなる発展と、北京のコースを知り尽くしたホームアドバンテージがあれば、中国はこの種目のベストコンペティターに挑戦できるだろう。イン・チンとドゥ・ジアニは中国ペアの最高峰だ。

同様に、中国の若い2人乗りボブスレーチームと4人乗りボブスレーチームもメダルを狙えるだろう。4人乗りチームは2020年2月のサンモリッツ大会で7位入賞を果たし、2人乗りチームは同大会でワールドカップ史上最高の10位入賞を果たしている。

スノーボード - ハーフパイプ蔡雪東

2020年3月の直前、スノーボードの蔡雪東はハーフパイプで印象的な成績を残していた。Cai Xuetongはパンデミック前の最後の3つの主要大会で優勝しています。2021年の最も重要な大会であるX Gamesと世界選手権の両方に欠場したことは、彼女がVirtual Medal Tableのトップ3から脱落したことを意味します。

フリースタイル・スキー - エアリアル

2019/2020シーズンのワールドカップでは、徐孟濤を筆頭に多くの中国選手が好成績を残したが、2020/2021シーズンには出場しなかった。中国は、個人種目でのチャンスとともに、エアリアルの団体戦でも強いチャンスを手にするだろう。

最も正確なVMT結果を保証するために、調整は常に行われているが、世界的なパンデミックの影響を調整することは、我々の方法論にとってこれまでで最も困難な課題であった。しかし、私たちのチームが東京2020のために行った変更は効果的であり、その過程で学んだその他の教訓は、北京2022の予測に自信を与えてくれました。

開催国中国は2022年冬季五輪でメダル数を増やせるか?

2022年冬季オリンピックの開催国である中国は、ニールセン・グレースノート Virtual Medal Table(VMT)により、2018年平昌大会に続き、北京大会でも4つのメダルを獲得すると予測されています。しかし、COVID-19の影響で世界大会に中国選手が参加していないため、2020年2月から今回のウィンタースポーツシーズンまでの中国選手のデータが不足しており、さらにメダルの向上が隠されている可能性があります。

オリンピックが開催される国は、夏であれ冬であれ、歴史的に過去のオリンピックよりも好成績を収めている。開催国は通常、スポーツへの投資を増やす。財源の改善は、オリンピックでのメダル獲得に直結する。より優れたコーチが雇用され、施設は改善され、人材育成により重点が置かれる。このような投資と改善は、オリンピックとオリンピックの間の成績に現れる傾向があるが、COVID-19の流行により、中国の競技者は2年近く成績を逃している。VMTで採用されている通常のホームアドバンテージ調整は、この欠落データを考慮するのに役立つように拡張されているが、それを行った後、中国はまだ2018年に獲得したメダルよりも数個多くメダルを予測しているだけである。

一般的に、開催国は前大会よりもメダル獲得数を大幅に伸ばしていることが多い。実際、過去9回の開催国のうち5カ国が、前回の冬季大会の2倍以上のメダルを獲得しています。しかし、現在のデータでは、Virtual Medal Tableのアルゴリズムでホームアドバンテージを調整しても、中国選手が北京大会でそのような成績を収めることはできません。

中国は2018年の平昌冬季オリンピックで合計9個のメダルを獲得した。それから約4年後の2022年北京大会では、中国チームは13個のメダルを獲得すると予想されている。

中国はアルペンスキー、バイアスロン、ボブスレー、クロスカントリースキー、アイスホッケー、リュージュ、ノルディック複合、スケルトン、スキージャンプで冬季オリンピックのメダルを獲得したことがない。

現在のGracenoteの予測では、2022年北京大会のこれらの競技のトップ8に中国からの参加者がランクインしていないことから、この傾向は続くと思われる。

北京での中国のメダル獲得チャンスは、カーリング、フィギュアスケート、フリースタイルスキー、ショートトラック、スノーボード、スピードスケートに限られそうだ。2018年に中国が獲得したメダル数を9個から18個に倍増させるためには、これらのスポーツでGracenoteのトップ8にランクされた中国の参加者とチームの約70%がトップ3でフィニッシュする必要がある。

2022年北京大会で中国が最もメダルを期待できるのは、フィギュアスケートのスイ・ウェンジンとハン・コン、フリースタイルスキーのアイリーン・グー、ショートトラックリレーの中国3チーム、そして同競技のウー・ダージンとフェン・ケシンだ。

フリースタイルスキーのシュー・メンタオと彼女が所属するエアリアルチームは、中国にとってメダルが期待できそうだが、2020年と2021年の大会を逃している。スノーボードの蔡雪東も同じような記録を持っており、世界的な大流行の前には好成績を残したが、2020年と2021年には大会での結果を逃している。

過去の冬季大会と比較して、中国のメダル獲得実績はホームアドバンテージブーストと考えるのが妥当であろう。しかし、2020年2月から2021年冬にかけてのデータが欠落していたため、これを評価するのは困難だった。このため、Virtual Medal Tableのメダル獲得数13個は、まだ低い方であることがわかるかもしれない。

新しい」スポーツが韓国と中国を冬季五輪のメダル候補に押し上げる

夏のオリンピックと同様、冬季オリンピックも時代とともに徐々に規模を拡大してきた。その始まりは100年近く前にさかのぼり、8競技16種目でスタートした。つい30年前までは、冬季オリンピックのメダル獲得競技数は、2022年に北京で開催される109競技の半分強に過ぎなかった。

1992年から2002年にかけて、冬季オリンピックのプログラムに新しい競技が加わる傾向が現れた。フリースタイルスキー、ショートトラックスピードスケート、スノーボードが初めて冬季オリンピックの種目となった。このプロセスは、2002年のソルトレイクシティでスケルトンがプログラムに復帰したことで完了した。ソルトレイクシティで披露された15種目は、その後も変わっていないが、20年前と比べると、獲得できるメダルの数は31個も増えている。

1992年から2002年にかけて、フリースタイルスキー、ショートトラック、カーリング、スノーボード、スケルトンが(再)導入されたことで、より多くの出場国にメダル獲得の機会がもたらされた。例えば韓国は、1952年から冬季オリンピックに参加していたにもかかわらず、1992年以前は一度もメダルを獲得したことがなかった。1992年のアルベールビル大会でショートトラックがデビューし、韓国チームは冬季オリンピックで重要な国となった。韓国は、1992年以降、金メダル31個を含む70個のメダルを獲得し、冬季オリンピックのメダル獲得数ランキングで12位につけている。

韓国が冬季オリンピックで初めてメダルを獲得したのは、すでに存在した種目であるスピードスケート男子1000m(1992年、キム・ユンマンが銀メダル)だったが、その後の21個のメダルはすべてショートトラックで獲得したものだった。合計すると、韓国は冬季オリンピックのメダル総数のうち48個(69%)をショートトラックで獲得している。

同様に、2022年の開催国である中国は、1980年から1988年までの最初の3大会ではメダルを獲得できなかった。しかし、1992年以降、中国は62個のメダルを獲得している。そのうちの46個(74%)は、中国の最初の3回の参加時には冬季オリンピックのプログラムになかった競技で獲得したメダルである。

冬季オリンピックの伝統国も、冬季競技大会のプログラムにこれらの新しい競技が加わったことで恩恵を受けた。1992年から2002年の間に追加された5つの競技では、カナダ(メダル84個)とアメリカ(83個)が最も成功しており、韓国と中国がそれに続き、スイス、フランス、ロシア、ノルウェーがそれに続いている。

中国や韓国と同様、オーストラリアも1992年以来、冬季オリンピックで初めてメダルを獲得した。フレンチアルプス育ちのアルペンスキー選手、ザリ・ステッガルは、オーストラリア代表として冬季オリンピックの新種目5種目以外でメダルを獲得した唯一の選手である。

2002年以降、新しい競技は導入されていないが、メダル獲得種目数は増え続けており、2002年ソルトレークシティ大会の78種目から、2022年北京大会では109種目となった。2002年以降に追加された新種目の半分以上は、フリースタイルスキー(7種目)とスノーボード(9種目)である。スピードスケートの種目数は2002年以降4つ増え、2つのチームパシュートと2つのマススタートが冬季オリンピックのスケジュールに加わった。その他のメダル獲得種目は、冬季オリンピックの男女平等を向上させるために、女子種目や混合種目を新たにプログラムに加えることが一般的である。

2022年北京大会のプログラムに新たに7種目が加わったが、どの国がメダルを獲得しそうかという点では、かなり民主的であるように思われる。13カ国がこれらの種目で3位以内に入ると予想されている。つ以上の種目で金メダルを獲得するチームはないと予想されている。

ニールセン・グラセノートのバーチャルメダル表(VMT)によれば、メダル獲得上位13カ国のうち1カ国を除くすべての国が、新種目のいずれかでメダルを獲得すると予想されている。日本は唯一の例外だが、スキージャンプ混合団体とショートトラック混合リレーの両方でトップ8にランクインしている。

VMTによれば、1992年以降に追加されたスポーツのメダルは、北京では22カ国が獲得することになる。開催国の中国(11個)とカナダ(11個)は、これらの新しいスポーツで最も成功すると予想され、ロシアオリンピック委員会(10個)、スイス(10個)、アメリカ(8個)と続く。

2022年北京冬季五輪、男女格差は過去最低に

ニールセン・グレイセノートの分析によると、2022年北京冬季オリンピックでは、11大会連続で女性が出場できる競技の割合が増えることが明らかになった。そのため、今度の大会の種目に関する男女差は、男性が52.75%、女性が47.25%と、これまでで最も小さくなる。GracenoteのVirtual Medal Table(VMT)では、イタリア、スウェーデン、米国、中国、オランダの女子が、2022年北京大会で自国のメダル獲得数のうち、男子のメダル獲得数を上回ると予測している。

男女格差が本格的に縮まり始めた1992年以降、中国、スウェーデン、ドイツ、カナダが女性のメダル獲得に最も貢献している。いずれの場合も、メダルの50%以上をこれらの国の女性が獲得している。2022年大会の最新のGracenote VMTによると、北京では、イタリア(77%)、スウェーデン(68%)、アメリカ(64%)、中国(58%)、オランダ(58%)の国々が、50%以上のメダル獲得に女性が貢献すると予想されている。

1924年にフランスのシャモニーで開催された第1回冬季オリンピックでは、女性が参加できる競技はフィギュアスケートの混合ペアと女子シングルの2種目だけだった。男子のみの競技は14種目あったため、ミックスペアを男女半々としてカウントすると、男女差は81.3%だった。北京オリンピックでは、この男女差はわずか5.5%に減少し、史上最も男女平等な冬季オリンピックとなった。

冬季オリンピックが始まって以来、男女平等は、競技種目がプログラムに追加された4つの主な時期を経て進展してきた:

  • 1924 - 1936:最初の4大会は男子種目が中心だった。しかし、フィギュアスケートは第1回冬季オリンピックから男女平等となり、アルペンスキーは1936年に導入された男女平等の2番目の競技となった。1936年のプログラムでは17のメダル種目があり、第二次世界大戦前最後の冬季大会では、男女格差はニールセンについて 11%減少し、70.6%となった。
  • 1948 - 1960:女子の種目数は、1936年の2種目からこの期間に10種目に増加した。1960年のスコーバレー・オリンピックまでに、スピードスケートはすでにあった男子4種目に加えて女子4種目が追加され、男女平等の第3のスポーツとなった。クロスカントリースキーにも女子種目があったが、その数は男子の半分にすぎなかった。1960年大会では、女子10種目と混合1種目を含む27のメダル種目があり、その結果、男女の格差はわずか22.2%にまで縮小した。
  • 1964 - 1980:ボブスレーとリュージュがオリンピックプログラムに追加され、競技種目が10に増えた。しかし、そのうちの半分の競技にはまだ女性の参加はなく、1976年に男性のみの5番目の競技が追加された後、スピードスケートでは女性よりも男性のメダル獲得数が多くなった。1980年の冬季大会では38種目が実施されたが、女子は12種目のみで、男女差は31.6%に戻った。
  • 1984年~2022年:2022年の冬季オリンピックでは、11大会連続で男女格差が縮小した。これは3つの方法で達成された。第一に、1992年以降に導入された5つの新競技において、男女同数の競技種目を組み込んだこと。2つ目は、オリンピックのプログラムに含まれる他の10競技のほとんどで、男女の競技数を均等にしたこと。そして3つ目は、最近追加された混合チーム競技である。2022年には、女性は1980年の4倍近い競技に参加できるようになり、男女差はわずか5.5%にまで縮まる。

1984年以降、オリンピックにおける男女平等をより良くするための努力がなされ、その傾向は変わった。男子の種目数は1980年冬季大会の23から、2022年北京大会では50へと2倍以上に増えた。しかし、女子の種目数は同じ期間に12から46へとほぼ4倍になっている。さらに、ミックス競技の数は2種目から11種目へと5倍に増えている。このことが相まって、冬季オリンピック競技の男女格差は、来る冬季大会では史上最低の5.5%にまで縮小している。

2022年五輪のボブスレー競技に女子2種目が追加されたことで、15種目のうち12種目が男女平等となった。ノルディック複合は、女性参加者がいない唯一の競技である。

国際オリンピック委員会の目標は、最終的に完全な男女平等を達成することである。そのためには、リュージュの女子ダブルス、スキージャンプのラージヒル、ノルディック複合の3種目を追加する必要がある。これらの競技の直近の世界選手権では、これら5種目のうち3種目が実施されたが、ノルディック複合世界選手権では女子は1種目のみだった。2026年冬季オリンピックでは、スキー・マウンテニアリングがプログラムに追加され、男女差は再び縮まるだろう。しかし、男女の種目が完全に平等になり、IOCが目標を達成できるかどうかはまだわからない。

2022年北京のスター候補は?

2022年に北京で開催される冬季オリンピックの開会式までちょうど1ヶ月となった今、ニールセンのGracenoteは、Virtual Medal Table(VMT)のデータと予測に基づき、来る冬季オリンピックで複数の金メダルを獲得する可能性のある選手を特定しました。2月に注目すべき10人のアスリートを紹介しよう:

ヨハネス・ティングネス・ボー(ノルウェー、バイアスロン) 

ノルウェーを代表する男子バイアスロン選手、ヨハネス・シングネス・ボーは、グラセノートのバーチャルメダル表によれば、北京では4つの個人種目と2つのリレー種目でメダルのチャンスがある。非常に競争の激しいこのスポーツにおいて、彼は個人種目で同胞のSturla Holm Lægreid、フランスのEmilien JacquelinとQuentin Fillon Mailletのペア、スウェーデンのSebastian SamuelssonとMartin Ponsiluomaなどの挑戦を受けるだろう。

アレクサンドル・ボルシュノフ(ロシアオリンピック委員会、クロスカントリースキー) 

ロシア最高のクロスカントリースキーヤーであるアレクサンドル・ボルシュノフは、15kmのクラシックスタイル競技と2x15kmのスキーアスロン競技の両方でVMTのランキング1位である。前者では2021年のワールドカップで4勝を挙げ、後者では現在の世界チャンピオンである。50kmではVMTランキング2位、4×10kmリレーとチームスプリントではともに2位。2018年のオリンピック、2019年と2021年の世界選手権で、ボルシュノフは毎回4つのメダルを獲得している。VMTは現在、北京でのロシアのメダル総数を5個と予想している。

フランチェスコ・フリードリッヒ(ドイツ、ボブスレー)

男子ボブスレーは2017年以降、ドイツのフランチェスコ・フリードリッヒが独占している。フリードリッヒは2017年から2021年まで、男子2人乗り・4人乗りボブスレーで10個の世界選手権とオリンピックの金メダルをすべて獲得した。フリードリッヒは過去29回のワールドカップまたは世界選手権のうち、2人乗り・4人乗り種目で27回優勝している。2020年に入ってから、フリードリッヒほど成功した選手は冬季スポーツにはいない。過去47回のワールドカップと世界選手権で1位か2位以外になったのは2回だけで、40回金メダルを獲得している。

アイリーン・グー(中国/フリースタイルスキー)

中国で最も有望なメダル候補であるアイリーン・グーは、開催国で唯一、あらゆるウィンタースポーツの2020/2021年ワールドカップシーズンに出場する有力選手である。グーは北京でフリースタイルスキーのビッグエア、ハーフパイプ、スロープスタイルの3種目に出場し、2021年には3種目すべてでワールドカップ優勝を決めている。彼女はハーフパイプとスロープスタイルの両方で世界選手権とXゲームで金メダルを獲得。ビッグエアでは両大会で表彰台に上った。VMTでは、グが北京で2つの金メダルを獲得すると予想している。

カイリー・ハンフリーズ(ボブスレー/アメリカ)

以前はカナダ代表として競技に参加していたが、2021年12月にアメリカ市民権が確定し、カイリー・ハンフリーズがアメリカ代表として北京に出場することになった。ハンフリーズは10年以上にわたって世界有数の女子ボブスレー選手として活躍しており、GracenoteのVMTでは北京の両女子種目で彼女を1位にランクしている。彼女は両種目で現在の世界チャンピオンであり、今シーズンのワールドカップでは両種目で優勝を記録している。ハンフリーズのチーム種目での最大のライバルはドイツのラウラ・ノルテとキム・カリッキであり、モノボブでは彼女の同胞であるエラナ・メイヤーズ・テイラーとノルテが最大の危険人物である。

テレーズ・ヨハウグ(ノルウェー/クロスカントリースキー)

ノルウェーを代表する女子クロスカントリースキー選手は、今年2月に開催されるオリンピックの個人種目3種目すべてで金メダル圏内にランクされている。ヨハウグは過去2回の世界選手権で3種目すべて金メダルを獲得している。しかし、今シーズンはスウェーデンのフリーダ・カールソンに最短距離の10kmで敗れている。ヨハウグはまた、2022年大会のノルウェー・リレーチームの一員でもある。ノルウェー選手団は、ロシアオリンピック委員会とスウェーデンとの厳しい金メダル争いに直面することが予想される。

ヤール・マグナス・リーバー(ノルウェー、ノルディック複合)

2020年初めからワールドカップと世界選手権で32勝を挙げているヤール・マグナス・リーバーは、過去2年間でウインタースポーツ競技者の中で2番目に圧倒的な強さを誇っている。ドイツのボブスレー・パイロット、フランチェスコ・フリードリッヒ(こちらもスター候補の一人)だけが、より多くの勝利を手にしている。ノルディック複合のノーマルヒル、ラージヒル、団体戦に出場するリーバーには、北京で3つのチャンスがある。最新のVMTでは、ノルウェー人の金メダル2個と銀メダル1個が予想されている。

スザンヌ・シュルティング(オランダ/ショートトラック)

スザンヌ・シュルティングは、今シーズンのワールドカップで5勝を挙げ、現在世界最高の女子ショートトラック・スピードスケート選手である。2021/2022年、彼女は500m、1,000m、1,500mの3つの個人種目で少なくとも1度は優勝している。彼女の得意種目は1500mと1000mだ。シュルティングはまた、VMTによれば女子3000mリレーで優勝候補、混合リレーでメダル有力候補のオランダチームの一員となる。

ミカエラ・シフリン(アメリカ/アルペンスキー)

北京で複数の個人金メダルを獲得する可能性が最も高いアメリカ人選手は、アルペン・コンバインドと大回転の両方でVMTランキング首位のミカエラ・シフリンだ。シフリンの最大のライバルはスロバキアのペトラ・ヴルホヴァ、スイスのララ・グート・ベーラミ、オーストリアのカタリーナ・リエンスベルガーだ。シフリンは過去2回の世界選手権で金メダルを含む最低3個のメダルを獲得し、過去2回の冬季オリンピックでも金メダルを獲得している。

ニルス・ファン・デル・ポール(スウェーデン/スピードスケート)

男子スピードスケートの最長距離である5,000mと10,000mは、過去6回の冬季オリンピックでオランダが独占してきた。これらの種目で獲得できる12個の金メダルのうち9個をオランダが獲得している。しかし、北京オリンピックでは、この2種目で金メダルを獲得する可能性が最も高いのは、スウェーデンのニルス・ファン・デル・ポールである。彼は3月の世界選手権で5,000mと10,000mの両方で金メダルを獲得し、それ以降出場したワールドカップではこれらの距離ですべて優勝している。GracenoteのVMTによれば、オランダのパトリック・ローストとヨリット・ベルグズマ、カナダのテッド=ヤン・ブルーメンとグレーム・フィッシュが、ヴァン・デル・ポエルの金メダルの最有力ライバルである。

この10人は、VMTが2022年北京オリンピックで金メダルを獲得すると予想した選手たちである。ほとんどの主要国には冬季五輪で複数のメダルを獲得するチャンスがある選手が少なくとも1人はいるが、このグループはその可能性が最も高い。

予測と結果:スポーツ別精度の追跡

スポーツを見る楽しみのひとつは、何が起こるかわからないということだ。オリンピックは特にそうである。ニールセンのGracenoteは、結果データに基づいてオリンピックの最終的なメダル獲得数を予測することには成功しているが、個々の競技のメダル獲得数を予測することはより難しい。

2009年以来、世界選手権とオリンピックの結果を予測してきた当社独自の予測手法により、冬季オリンピックの15競技それぞれを分析し、どの程度予測可能か、あるいは予測不可能かを評価することができました。リュージュ、スピードスケート、フィギュアスケートがGracenoteのランキングに最も近い。最も予想が難しいのは、アルペンスキー、スキージャンプ、カーリング、フリースタイルスキーである。

リュージュ

2009年以降、世界選手権とオリンピックの女子シングルス13大会のうち10大会で、グラチャンランキング1位の選手が優勝している。しかし、2020年の世界選手権では、優勝候補のタチアナ・イワノワ(ロシア)が5位に終わった。そして1年後の2021年大会では、ランキングトップのナタリー・ガイゼンベルガー(GER)が金メダルを逃し、2位だった。今年のオリンピックの優勝候補はドイツのユリア・タウビッツだろう。ドイツのタチヤーナ・ヒュフナー(2010年)とガイゼンベルガー(2014年、2018年)は、大会に臨む前にGracenoteによって1位にランキングされた後、オリンピックで金メダルを獲得した。

世界選手権とオリンピックにおけるリュージュのオリンピック種目全体の金メダルの60%は、大会直前のGracenoteのランキング1位の選手が獲得しています。メダリストの59%はトップ3、93%はトップ8に入ると予想されています。

リュージュ男子シングルの正確な予想が難しくなっている。グラチャンナンバーワンは、過去5回の世界選手権とオリンピックのどの大会でも優勝していない。2009/2010年以降に開催された13の主要大会で、ランキングトップの選手が優勝したのは5回。昨年の世界選手権でロシアのロマン・レピロフにまさかの敗戦を喫したフェリックス・ロッホ(ドイツ)は、北京五輪開幕時にはおそらく同胞のヨハネス・ルートヴィヒとレピロフを抑えて1位になるだろう。

スピードスケート

スピードスケートの主要大会における金メダル170個のうち90個(53%)は、2009/2010年シーズン開始以来、Gracenoteのランキング1位が獲得している。世界選手権やオリンピックの前にトップ3にランクされた選手は、510個のメダルのうち331個(65%)を獲得している。

男子チームパシュートは、グラチャンランキング上位13チームのうち11チームが金メダルを獲得し(85%)、最もデータに忠実なレースとなった。サプライズはいずれもオリンピックでのことだった。2018年、ノルウェーは3位のオランダチームに衝撃を与えた。2010年には、有利なノルウェーがカナダに逆転された。2月から北京で開催される2022年大会では、オランダがトップランクとなる。

女子500m、3,000m、5,000mの3種目では、優勝者13人のうち9人(69%)が大会前にGracenoteで1位を獲得している。アンジェリーナ・ゴリコワ(ロシア、500m)とアイリーン・シューテン(オランダ、3,000m、5,000m)がこの3種目で1位となっている。男子5,000mの1位は、2009/2010年以降の主要13大会中8大会で金メダルを獲得している(62%)。今回はニルス・ファン・デル・ポール(スウェーデン)がポールポジションをキープしている。

スピードスケートで最も予想が難しい種目は、男子のマススタートだ。2015年にこの種目が主要選手権に導入されて以来、優勝者7人のうちGracenoteのランキングで1位になったのは1人しかいない。今年のGracenoteランキング1位のバート・スウィングス(ベルギー)も、過去3回の世界選手権まではGracenoteのランキングの上位にいた。しかし、2019年は11位、2020年は15位、2021年は3位だった。オリンピックで唯一金メダルを獲得したイ・スンフン(韓国)は、金メダルを獲得する前にGracenoteのランキングで1位だった。

フィギュアスケート

Gracenoteが分析した15の世界選手権とオリンピックにおいて、フィギュアスケートのメダル207個のうち141個(68%)は、大会前にGracenoteのトップ3にランクインしていた選手が獲得している。69人の金メダリストのうち35人(51%)が、Gracenoteによって金メダルを獲得すると予想されていました。

男子シングルで優勝すると予想された15人の男子フィギュアスケート選手の3分の2が金メダルを獲得し、優勝すると予想されたペアの6割が金メダルを獲得した。ネイサン・チェン(アメリカ)と羽生結弦(日本)は、フィギュアスケート男子シングルのランキングで8年間トップに君臨している。しかし、優勝すると予想されたときには、2人とも金メダルを逃している。羽生は2015年と2016年の世界選手権で優勝すると予想されていたが、2回とも銀メダルだった。前回の冬季オリンピックでは、チェンが優勝すると予想されていたが、5位で表彰台を逃した。

ペア競技も近年は予想がつきにくくなっている。グラチャンランキング1位のペアは、2010年から2014年まで世界選手権とオリンピックで6連覇を果たした。それ以降、金メダル獲得が予想される8組のうち1位になったのは2組だけだ。北京では、世界チャンピオンのアナスタシア・ミシナとアレクサンドル・ガリャモフ(ロシア)、そして中国のスイ・ウェンジンとコン・ハンのペアが優勝候補の筆頭に挙がりそうだ。

フィギュアスケートの種目で最も予想しにくいのが混合チーム競技だ。2009年のワールド・チーム・トロフィーでアメリカが優勝した。ロシアオリンピック委員会(ROC)は現在、Gracenoteによって1位にランクされている。

最も予測不可能なスポーツ

一方、アルペンスキー(Gracenoteランキング上位の26%が金メダルを獲得)、スキージャンプ(27%)、カーリング(28%)、フリースタイルスキー(28%)は、金メダル獲得者を正しく予想するのが最も難しいウィンタースポーツである。ノルディック複合は、メダル獲得者を予想するのが最も難しいスポーツであり、世界選手権やオリンピックでのメダルのうち、Gracenoteのトップ3にランクインした選手が獲得したメダルは39%に過ぎない。

アイスホッケー(98%)、フィギュアスケート(95%)、ボブスレー(95%)、スピードスケート(93%)、リュージュ(93%)は、主要大会のメダリストがGracenoteのランキングでトップ8に入る割合が最も高い。バイアスロン(70%)、スノーボード(75%)、ノルディック複合(77%)、アルペンスキー(78%)は最も低い。したがって、これらのスポーツでは、ランキング上位8人以外から衝撃的なメダリストが生まれる可能性が最も高い。

2009/10年以降のWCh/オリンピックで最も的中率の高かったイベント

スポーツイベント
トップ3予想、メダル獲得

アイスホッケー女性チーム36人中32人(89)
フィギュアスケート混合チーム36人中32人(89)
フリースタイルスキー
混合エアリアル・チーム

36人中32人(89)
フィギュアスケート
ミックス・アイスダンス
36人中32人(89)
スピードスケート女子3000m36人中32人(89)

スピードスケート
女子5000m
36人中32人(89)

スピードスケート
女子チーム・パシュート
36人中32人(89)

スノーボード
女子ビッグエア
36人中32人(89)

クロスカントリースキー
女子チームスプリント・クラシック
36人中32人(89)

ノルディック複合
男子チーム・ラージヒル
36人中32人(89)
ソースニールセン・グレイセノート

来月開催される北京オリンピックで行われる109競技の中で、女子アイスホッケーは歴史的に最も予想しやすい競技である。2009/2010年以降の12の主要大会で、女子アイスホッケーでサプライズメダリストとなったのは、スイス(2012年、5位)、ロシア(2013年、7位)、スイス(2014年五輪、7位)、ロシア(2016年、5位)だけだ。4人全員が銅メダルを獲得したため、24人の決勝進出者全員が、大会前にGracenoteによってトップ3にランクされていた。カナダ、アメリカ、フィンランドは、Gracenoteが予想する北京でのメダリストである。

正確な予測が最も困難なイベント - 2009/10年以降のWCh/オリンピック大会

スポーツ
イベント

トップ予想:3、メダル獲得
フリースタイルスキー
女子ビッグエア

6人中0人 (0%)
クロスカントリースキー男子50kmフリースタイル3/15 (20%)

フリースタイルスキー男子スキークロス7/30 (23%)
スピードスケート男子マススタート5/21 (24%)
ノルディック複合ガンダーセン・ノーマル・ヒル/10km8/30 (27%)
アルペンスキースーパーG
9/31 (29%)

アルペンスキー
男子アルペン複合
9/30 (30%)

アルペンスキー
男子ダウンヒル
9/30 (30%)

バイアスロン
男子20km個人
12/39 (31%)

アルペンスキー
男子スラローム
10/30 (33%)
ソースニールセン・グレイセノート

女子ビッグエアと男子50kmクロスカントリースキーのフリースタイルスキー種目は、主要選手権のサンプルが少ないため除外するとして、男子スキークロスのフリースタイルスキー種目は、多くの世界選手権やオリンピックから得られた十分な結果データがモデルに反映されているにもかかわらず、いまだに予測が困難な種目の最たる例だろう。

スキークロスは、複数のスキーヤーがビッグジャンプやバンクの高いターンを含むテクニカルなコースを滑走する、時間との勝負の華麗なレースである。競技者同士の接触が許されるため、スローダウンやクラッシュにつながることもある。レースには通常4人のスキーヤーが参加し、決勝の前に競技者を排除するためにラウンドが行われる。選手の技術や体力にもかかわらずトップ3を逃す方法は数多くあり、スキークロスは特に混沌として予測不可能な競技である。10回の主要大会で、Gracenoteの3位以内に入ったメダリストはわずか7人である。

10年以上にわたり、Gracenoteのバーチャルメダル表は、全体のメダル表を予測する上で正確であることが証明されています。しかし、イベントにおける様々なスポーツ種目をより詳細に見ると、より多くのばらつきがあることがわかります。そのばらつきこそが、スポーツの魅力なのだ。何が起こるかわからない。

開催国中国と他のアジア諸国についてのメモ

多くの冬季競技において、中国の競技者は2020-2021年シーズンには参加していない。これは、モデルの調整にもかかわらず、VMTが中国のメダル数を過小評価する可能性があることを意味する。この問題は、ショートトラックの韓国とスピードスケートの日本にも影響している。これらの国の競技者は、今年の冬季大会の前に2021-2022年の冬季スポーツ大会に参加しているため、状況はある程度緩和されている。


ニールセンについて ニールセン・グレイセノート・コンテンツ・ソリューション

Gracenoteはニールセンのコンテンツ・ソリューションの柱であり、エンターテインメントのメタデータ、コンテンツID、関連製品を世界の主要なクリエイター、配信事業者、プラットフォームに提供しています。Gracenoteの技術は、消費者が好きなテレビ番組、映画、音楽、スポーツに簡単にアクセスできるようにする高度なコンテンツナビゲーションとディスカバリー機能を可能にし、同時に複雑なビジネス上の意思決定をよりシンプルにする強力なコンテンツ分析を提供します。詳しくはhttps://www.gracenote.com。

グレースノート Virtual Medal Table(VMT)について

Gracenote Sportsは、世界で最も人気のある4,500のリーグや競技に関する豊富なデータを提供するだけでなく、1896年の最初の近代的な競技にさかのぼる歴史的なオリンピック情報の深い宝庫でもあります。Gracenote Virtual Medal Tableは、過去のオリンピック、世界選手権、ワールドカップにおける個人およびチームの成績に基づいた統計モデルで、国別の金、銀、銅メダル獲得可能性を予測します。この情報は、わかりやすい予測とシームレスなデータフィードで提供され、放送局、メディアパブリッシャー、有料テレビ事業者は、ウェブ、モバイル、放送の各プロパティでオリンピックに焦点を当てたユニークなストーリーを配信することができます。バーチャルメダルテーブルの詳細、特徴、方法については、https://www.gracenote.com/virtual-medal-table/をご覧ください。

Gracenoteが提供する2022年冬季大会の全ポートフォリオの詳細については、Gracenote Global Sports Events Solutionsをご覧ください。

Gracenote Sportsの詳細については、https://www.nielsen.com/solutions/content-metadata/global-sports-data/