02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>FMCG & 小売

飲料アルコールメディア・レポートQ2 2016

1分で読む|2016年11月

飲料用アルコール(Bev-Al)業界では、広告チャネルとしてのデジタル環境は引き続き重要視されている。そこで、「Bev-Al Media Report」では、この領域についてより深く考察するための2つのセクションを新たに設けた:

  • 世代別スナップショットこのセクションでは、テレビ、オンライン、モバイルにおけるミレニアル世代、ジェネレーションX、ブーマーのメディア行動のスナップショットを提供します。
  • ビール業界のメディア支出ニールセン・アドインテルが提供する強化されたデジタル支出カバレッジを使用し、従来のチャネルのメディア支出だけでなく、プラットフォーム別に分類されたデジタル支出も提供します。

さらに、「フェスティバルと大人向け飲料 - 勝利のミックス」では、飲酒適齢期(LDA)のフェスティバル参加者が、音楽に精通したブランドによって開拓されるのを待っている市場であることを説明している。これらの消費者は多様性に富み、音楽と飲料カテゴリーの両方に関心が高く、ブランドのアンバサダーとなる素地がある。

また、ベブアルのトップテレビ広告を引き続き紹介し、LDAの消費者が世代や民族に特化したメディア・コンテンツにどのように関わっているかについて最新の情報を提供する。

音楽祭の未来は明るい

映画祭に行く人は、過去30日間に大人の飲み物を飲んだことがある確率が、平均的な消費者より31%高い。国産ワインは好まれるカテゴリーのトップに位置し、僅差で輸入ビールが続き、44%と42%がフェスファンに浸透している。軽めの低カロリービールとクラフトビールも好まれており、フェスティバル・ファンの3分の1以上が両方を飲んでいる。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。