本コンテンツへスキップ
インサイト>イノベーション

ビッグデータのモデリングにおけるパネルの価値

1 minute read|ニールセン チーフリサーチオフィサー ポール・ドナート
ニールセン ジャーナル オブ メジャーメント Vol 1, Issue 1|2016年7月号

視聴者の断片化に関する業界レポートがない日はない。もちろん、これは新しい現象ではありません。80年代のケーブルテレビ、90年代のデジタル放送衛星、2000年代のインターネット・ビデオ、そして最近ではオーバー・ザ・トップ(OTA)の台頭により、テレビ視聴者は年々新しい番組の選択肢を着実に享受してきました。ネットワークが増え、ニッチな番組が増え、それを視聴する方法が増えた。

しかし、研究コミュニティにとって、多様性の増大は代償を伴うものであり、近年の変化の加速は、業界が視聴活動をモニターするために歴史的に依存してきたパネルベースの測定能力に負担を与えています。視聴者数の少ない番組で安定した測定を行うために十分な規模のパネルを集めることは、単に困難になってきているのです。

リターン・パス・データ(RPD)は、この問題を克服する機会を提供するものであるが、それは、これらのデータの限界とバイアスを修正し、検証することができる場合のみである。この論文では、パネルがこれらの限界を効果的に補正し、RPDデータセットから得られる評価を検証するのに役立つ方法を説明します。

パネルとRPDの組み合わせは、正確で安定したビデオ視聴者測定のための勝利の組み合わせです。