本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

新年のラジオの新しいトレンドと新しいモメンタム

2分で読めるシリーズ|2018年3月

アメリカのラジオ聴取状況は、視聴者の習慣、音楽の好み、ニュースサイクル、季節性がチューニングの方法に影響を与えるため、絶えず変化しています。そして、2018年最初の完全な調査書がバックミラーに映し出された今、ラジオ番組制作者は、視聴者のために今年何が待ち受けているかもしれないかという動向と指標を把握しつつあります。

ニールセンの1月のポータブル・ピープルメーター(PPM)視聴率から、アダルト・コンテンポラリー(AC)局が、ホリデーシーズンの大ブレイクで得た勢いにまだ乗っていることがわかりました。その他、ニュース/トーク局もニュースサイクルへの継続的な関心から、独自の勢いを見せています。最後に、ポップ・コンテンポラリー・ヒット・ラジオ(CHR)は、昨年より若干チューンインが減少してスタートしました。

ホリデーシーズンには、毎年「クリスマス一色」の音楽フォーマットに移行したおかげで、ACフォーマットは視聴者シェアの最高記録を打ち立てた。しかし、ホリデーソングで電波を溢れさせた見返りは、ホリデー本だけでは終わりませんでした。今月のデータでは、ACの1月の結果は、例年の同月と比較して軒並み上昇し、これまでで最も好調でした。

News/Talkは1月も好調でしたが、これは冬の天候が北東部の大きな市場の多くに影響すると同時に、ニュースサイクルが休暇後に回復するこの時期には典型的なことです。しかし、News/Talk(PPM市場の商業・非商業局を含む)の業績を判断するには、大統領選挙がまだ話題になっていた昨年の結果だけを見るのではなく、その後に目を向けることが有効である。全体として、News/Talkは2018年も好調な視聴者数を記録しており、アメリカではニュース消費は増加の一途をたどっているのです。

最後に、Pop CHRはアメリカ最大のフォーマットの一つである。週間総リスナー数(12歳以上6980万人)では全米1位、総聴衆シェア(12歳以上7.6%)ではカントリー、ニュース/トークに次いで3位となっている。PPM市場では、ミレニアル世代のリスナー(18~34歳)と25~54歳の視聴者シェアで、他のすべてのフォーマットをリードしています。しかし、2018年開幕月のチューンインは、PPM測定におけるPop CHRの記録上最低となり、Pop CHRにとって全体的に最低だった2017年の傾向を踏襲し、特にミレニアル世代で最低となりました。ミレニアル世代ではまだCHRがかなりリードしていますが(1月はカントリーが8.4%で2位)、年が明けて音楽サイクルやオーディエンスの嗜好が変化していく中で、Pop CHRの運勢を追っていくのは面白いことです。

この記事で使用されているデータは、多文化なオーディエンスを包括しています。ヒスパニック系消費者層は、英語とスペイン語を話す代表的な人々で構成されています。

類似のインサイトを閲覧し続ける