本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ニールセンのトータルオーディエンスレポート。2020年4月

1分で読めるシリーズ|2020年4月

消費者は現在、1日の50%以上をメディアに接続して過ごしており、その時間は12時間20分に達します。そのほぼ半分の5時間43分は、テレビ、テレビ接続機器、コンピュータ、スマートフォン、タブレットなどのデバイスでビデオを視聴するために費やされています。ラジオの利用率は依然として高く、米国の成人の92%が毎週ラジオを聴いています。

今回のNielsen Total Audience Reportでは、年齢層や世帯タイプによるメディアの利用方法の違いを紹介します。50-64歳の成人は最も熱心なメディア消費者で、メディアに接続している時間は13時間50分で、35-49歳の成人に比べて2倍以上となっています。また、18歳から34歳の若年層は、そのほぼ半分の時間(46%)をスマートフォンでメディアを消費していることは驚くことではありません。

注意事項として、本レポートのデータは、追加データソースの利用拡大を反映しており、2018年第1四半期以前のレポートのデータとは比較できません。